2011年12月28日水曜日

『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』最新ニュース

、AKB48第2弾となるドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on
少女たちは傷つきながら、夢を見る』街頭プロモーションとして、12月26日(月)から2週間に渡り、
東京メトロ新宿駅メトロプロムナード内に、本作で描かれる舞台裏の姿を中心に1年間の活動が、
長さ約80mに及ぶ巨大ポスターとなって展開することが決定致しました。
**********************************************************************************
AKB48の1年の軌跡を追った最新ドキュメンタリー映画の舞台裏が
長さ約80mの巨大ポスターとなって新宿に登場!
●掲出日程: 12月26日(月)から1月8日(日)までの2週間
●掲出場所:東京メトロ新宿駅 B1F メトロプロムナード
西口改札と東口改札の連絡絡通路(A9出口とA10出口の間)
http://www.tokyometro.jp/station/shinjuku/yardmap/index.html
●実施内容:B0サイズ×10枚×2段×4面 = B0サイズ80枚分のスペース
特大アート+場面写真は32点を使用。 秋元康氏コメント面あり。
**********************************************************************************
<作品概要>
◆少女達を襲う孤独と重圧、喜びと哀しみ、栄光と挫折。スターになったことでAKB48が失ったものとは......
 まぶしいスポットライトの裏で、がっくりと肩を落とす少女の背中。6年間、その華奢な体でどれほどの重荷に耐えて来たのだろう......。エースとして、選抜メンバーとして光を浴びながら、襲いかかるプレッシャーと強烈な孤独に向き合う日々。なぜ彼女たちは、身を切られるような風の中、それでも夢に向かっていくのか。傷つくと わかっていても、またそのステージへと上がっていくのか。スターになったことで、少女たちが手に入れたものと、失くしたものとは――。シングルCDではミリオンセラーを連発。コンサートは3日間でのべ9万人を動員。「じゃんけん大会」などのイベントでさえ、チケットは瞬時にソールドアウト。テレビや雑誌でもAKB48を見ない日はない。だが、表舞台の華やかさだけでは"本当の姿"は語れない。カメラは、AKB48のすべてが変わった激動の2011年に完全密着。報道されなかった壮絶な舞台裏へも潜入し、その光と影を収めてきた。前作をしのぐ膨大な数の収録テープにつまった1年の軌跡を、焼けるような独占インタビューとともにつむいでいく。
◆今を生きるアイドルの素顔から、日本の未来が見えてくる
東京、グアム、台湾、シンガポール、そして東北各地へ。分刻みで飛び回るアイドルたちのあらゆる場面、365日に密着! 走り続けることをやめない少女たちの 息づかい、流れる汗とともに、ドキュメンタリーは、今を生きる彼女たちが見てきたもの、感じたこと、捧げた祈り......それらの内面にまで迫っていく。
2011年3月11日。あの日以来、彼女たちは何を思い、どこへ向かおうとしているのか。アイドルとして、ひとりの人間として、今、自分たちにできること......。大事なものを見失うまいと開かれた瞳にあふれる、涙の意味をカメラは問う。
**********************************************************************************
タイトル:『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』
企画:秋元 康   監督:高橋栄樹   出演:AKB48   
配給:東宝映像事業部    
©2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
2012年1月27日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

www.2011-akb48.jp
**********************************************************************************
★前売券:全国上映劇場窓口およびAKB48SHOPのみで絶賛販売中。
※ "私服"生写真付き(数量限定)+プレミア試写会応募券付き(12月25日販売分まで/数量限定)
★入場料金: 大人1,800 、大高生1,500円 子供・シニア1,000円  
************************************************************

2011年12月26日月曜日

原題:FACES IN THE CROWD   【PG-12】

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演 最新作 
慄然の連続殺人事件! 唯一の目撃者は"顔が判別できない女"



2012年5月12日(土) 公開決定!

相貌失認(そうぼうしつにん)─それは人の顔や表情が判別できない障害の一種─
まばたきをするたびに、人の顔がリセットされる。
連続殺人を目撃した彼女には、犯人が隣にいてもわからない…

『バイオハザード』シリーズや、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』など多くの作品で、観る者を魅了するアクション女優として名をはせるミラ・ジョヴォヴィッチ。
その彼女が今回挑むのは連続殺人を目撃した、平凡な小学校教師アンナ。事件がきっかけで相貌失認(そうぼうしつにん)という、顔が判別できなくなる状態に陥った上、犯人に命を狙われるという役どころで、いつものアクションは封印している。そのアンナを守り、支えるのはこのケースを追いかけている刑事・ケレスト。演じるのは『ファンタスティック・フォー』シリーズの敵役Dr.ドゥームで一躍トップスターとなったジュリアン・マクマホンである。アンナが唯一顔を判別できると思った男性だが、実は…
実在する相貌失認というテーマを用い、顔が判別できないという究極の不安状態を疑似体験させる。

女性ばかりを狙った5件の殺人事件。
殺してレイプし、泣く・・・シリアルキラーの名は、"涙のジャック"。手がかりはない。
そして起きた6件目の犯行。
目撃者は、恋人と順風満帆な生活を送る小学校の女性教師、アンナ。
"涙のジャック"に追いかけられ川に落ち一命を取り留めるも、目撃していたはずの犯人の顔が思い出せない。
アンナは橋から落ちた時のショックで<相貌失認:人の顔が判別できない症状>になってしまっていた。
アンナは必死に記憶を呼び起こそうとするも、捜査は一向に進まない。
家族や恋人の顔さえわからなくなったアンナに忍び寄る"涙のジャック"の影・・・。
そして、7人目、8人目の被害者が出る。
人の顔がわからない唯一の目撃者────
この連続殺人を食い止めることはできるのか!?

監督・脚本:ジュリアン・マニャ『ブラッディ・マロリー』
出   演:ミラ・ジョヴォヴィッチ『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
       ジュリアン・マクマホン『ファンタスティック・フォー』シリーズ
       サラ・ウェイン・カリエス『プリズン・ブレイク』シリーズ
       マイケル・シャンクス『赤ずきん』
       セバスチャン・ロバーツ『ラッキーナンバー7』
       デヴィッド・アトラクチ『トランスポーター3』
       マリアンヌ・フェイスフル『マリー・アントワネット』
2011/アメリカ・フランス・カナダ/シネマスコープ/ドルビーデジタル/1時間42分/原題:FACES IN THE CROWD   【PG-12】
© 2011 Faces Productions Inc., Faces Productions Manitoba Inc.,Forecast Pictures S.A.S., Radar Films S.A.S.U.All rights reserved

faces-movie.com


2012/5/12(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開


2011年12月23日金曜日

「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2011-2012 A~HOTEL Love songs~」



国立代々木競技場第一体育館より
新宿ピカデリー他、全国14ヵ所映画館へ同時生中継!

http://l-tike.com/ayucd-movie/




12月31日(土)の大晦日に、国立代々木競技場第一体育館にて行われる浜崎あゆみカウントダウンライヴ「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2011-2012 A~HOTEL Love songs~」が、全国14ヵ所映画館にて生中継決定。 国立代々木競技場第一体育館カウントダウンライヴ チケットを手に入れられなかったファンも、浜崎あゆみが創り出す、また新たな歴史の1ページを刻む貴重な一夜に立ち会える映画館生中継上映。ファンにとっては必至なイベントになること間違いなし!

公開概要

タイトル 「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2011- 2012 A~HOTEL Love songs~」
映画館生中継上映
公開日 2011年12月31日(土)
公開劇場 以下4劇場にて公開予定(2011年12月13日現在)
北海道:札幌シネマフロンティア
宮 城:MOVIX 利府
東 京:新宿ピカデリー/丸の内ピカデリー/MOVIX 亀有
神奈川:MOVIX 橋本
千 葉:MOVIX 柏の葉
栃 木:MOVIX 宇都宮
愛 知:ミッドランドスクエアシネマ
京 都:MOVIX 京都
大 阪:MOVIX 堺
奈 良:MOVIX 橿原
兵 庫:MOVIX ココエあまがさき
福 岡:福岡中洲大洋
料金
劇場/日時/座席指定 入場券 3,500円(税込)
入場者プレゼント≫晴れ着ayupan 絵馬




発売日 12月16日(金)10:00より
全国ローソン、ローソンチケット
(http://l-tike.com ウェブ、モバイル共通)にて一斉発売。
*チケット予約・購入についてのお問い合わせ:
ローソンチケット 0570-000-777
(10:00~20:00但し、2011年12月30日~2012年1月3日は10:00~18:00となります)

企画制作 avex management / avex live creative
配給 ローソンHMVエンタテイメント
公式サイト http://l-tike.com/ayucd-movie/(ウェブ、モバイル共通)

2011年12月22日木曜日

『私たちの時代』福岡・中洲太陽映画劇場での公開決定!!

9月3日(土)より北陸で先行上映され、多くの絶賛コメントが寄せられた珠玉の長編青春ドキュメンタリー作品『私たちの時代』が、2012年3月24日(土)から福岡・中洲大洋映画劇場にて公開されることが決定しました。


【ストーリー】
日本海に面した石川県、奥能登。半島の先端に位置する小さな町、門前町。過疎の進む寂れた町に、たった1校だけある県立高校、石川県立門前高等学校。カメラが映し出すのは、この小さな町の高校の「女子ソフトボール部」。撮影中の2007年3月25日、「能登半島地震」がこの小さな町を直撃した。押し潰された家々、言葉を失った人々...。町が、声をあげて泣いた。その落胆と絶望の中を、胸を張って駆け抜けていく少女たちがいた。門前高校「女子ソフトボール部」の若者たち。被災してからわずか2週間後、まだ傷跡が深く残るグラウンドに、彼女たちは立った。悲嘆にくれる町に突然響き渡った女子高生たちの明るい掛け声。そこには「明日への希望」が映し出されていた。それが、この町の、再生と復興の物語の始まりだった。


【作品情報】
プロデューサー: 横山隆晴/ディレクター: 今村亮/撮影:近堂清司
音響効果:田中政文、渡辺真衣/EED: 福谷裕二/MA: 濱田 豊
技術協力: TSP
制作著作: フジテレビ・石川テレビ
2010 / HD / 日本 / カラー / 110 分
配給:スターキャット・エンタープライズ / ピクチャーズデプト
ⓒ2010 フジテレビ・石川テレビ


2011年12月24日(土) ~ 名古屋・伏見ミリオン座にて公開
2012年 1月 7日(土) ~ 大阪・シアターセブンにて公開
2012年 2月21日(火) ~ 札幌・蠍座にて公開
2012年 3月24日(土) ~ 福岡・中洲大洋映画劇場にて公開決定!
...全国順次公開!!

☆12月24日(土)名古屋・伏見ミリオン座の公開初日には横山隆晴プロデューサーの
  舞台挨拶を実施いたします!

www.akiramenai.org

2011年12月21日水曜日

銀座シネパトスに“オーリーロード”が出現!

オーランド・ブルーム製作・主演でおくる、戦慄の医療サスペンス映画「グッド・ドクター 禁断のカルテ」が、ついに2012年1月21日(土)、日本公開いたします!

この度、12/17(土)より銀座シネパトスの劇場前通路に、本作のメインビジュアルと7種類のスペシャルビジュアルを加えて掲出し、通称"オーリーロード" が完成いたしました!既にファンの方たちのフォトスポットとして賑わっています!!
この"オーリーロード"は、公開の1/21(土)まで掲載予定です。

「グッド・ドクター」
不安に満ちた研修医マーティン(オーランド・ブルーム)は、18歳の美しい患者ダイアン(ライリー・キーオ)の信頼を得て自信を取り戻し、ひそかに彼女を愛するようになる。
しかし彼女が快復して病院から去っていくことに耐えられず、点滴を巧妙にすり替えて病気を再発させるマーティン。
ダイアンの病状は悪化の一途をたどり、とうとう取り返しのつかない事態に陥る。
そして、ダイアンの日記帳をネタに脅迫を初める掃除係のジミー。
その執拗な脅迫から逃れ、自分の罪を永遠に闇に葬るため、ついにマーティンは医師として決して越えてはならない一線を越えてしまう――。

主演のブルームは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作で恋人のために海賊船に乗り込む勇敢な青年ウィル・ターナーを演じて好感度抜群のトップスターとなり、『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』では悪役バッキンガム公爵を魅力的に演じているが、脚本に惚れ込んだ本作では全く意外な犯人役に挑み、製作にも参加している。ダイアンにはエルヴィス・プレスリーの孫娘ライリー・キーオ。ベテラン看護師に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたタラジ・P・ヘンソン。掃除係に『クラッシュ』のマイケル・ペーニャ。刑事に『スパイダーマン』のJ・K・シモンズ。 監督はブルームが惚れ込んだアイルランド出身の気鋭、ランス・デイリー。

監督:ランス・デイリー
キャスト:オーランド・ブルーム ライリー・キーオ J・K・シモンズ タラジ・P・ヘンソン マイケル・ペーニャ
2010/アメリカ/カラー/ドルビーデジタル/ビスタサイズ/97分
原題:THE GOOD DOCTOR  
c)2010 Tesuco Holdings Limited. All Rights Reserved. 
www.good-dr.com

2012年1月21日(土)より銀座シネパトス他にて全国順次ロードショー

2011年12月20日火曜日

『私たちの時代』

9 月3 日(土)より北陸で先行上映され、多くの絶賛コメントが寄せられた珠玉の長編青春ドキュメンタリー作品「私たちの時代」が、12月24日(土)より名古屋・伏見ミリオン座にて公開されます。
公開初日にフジテレビゼネラルプロデューサーの横山隆晴氏の舞台挨拶が決定いたしました。

---------------------------------------------------------
日時:2011年12月24日(土) 9:40の回(本編上映前)
場所:伏見ミリオン座(名古屋市中区栄1丁目4-16)
出演:横山 隆晴 氏(フジテレビ ゼネラルプロデューサー)
---------------------------------------------------------

【ストーリー】
日本海に面した石川県、奥能登。半島の先端に位置する小さな町、門前町。過疎の進む寂れた町に、たった1校だけある県立高校、石川県立門前高等学校。
カメラが映し出すのは、この小さな町の高校の「女子ソフトボール部」。
撮影中の2007 年3 月25 日、「能登半島地震」がこの小さな町を直撃した。押し潰された家々、言葉を失った人々...。町が、声をあげて泣いた。その落胆と絶望の中を、胸を張って駆け抜けていく少女たちがいた。門前高校「女子ソフトボール部」の若者たち。被災してからわずか2 週間後、まだ傷跡が深く残るグラウンドに、彼女たちは立った。悲嘆にくれる町に突然響き渡った女子高生たちの明るい掛け声。そこには「明日への希望」が映し出されていた。それが、この町の、再生と復興の物語の始まりだった。
【希望の匂い。未来へ向かう、ちから】
3.11 以降、私たちの混迷は深まり、未来が見えません。日本という国がいま、これまで誰も経験したことのない未体験ゾーンの中に足を踏み入れていることを多くの人たちが感じています。しかし今も、この国には、ひたむきに生きている若者がいて、それを懸命に支えようとしている大人たちがいます。どん底から強制的に再スタートを切らなければならないニッポン。希望はゼロ、に見えるいま、「希望の匂い」を嗅ぎつける力が、今を生きる【私たちの時代】に求められているような気がしてならないのです。「手遅れかもしれない」、「でも、どうにかしたい」の狭間で揺れながら、そして何度も自問自答しながら、それでも自分の足で、この時代を歩いていく。あきらめないことの大切さと、それを担う若者たちの覚悟に気づかされる、3 年間の物語です。

【作品情報】
プロデューサー: 横山隆晴/ディレクター: 今村亮/撮影:近堂清司
音響効果:田中政文、渡辺真衣/EED: 福谷裕二/MA: 濱田 豊
技術協力: TSP
制作著作: フジテレビ・石川テレビ
2010 / HD / 日本 / カラー / 110 分
配給:スターキャット・エンタープライズ / ピクチャーズデプト
ⓒ2010 フジテレビ・石川テレビ


www.akiramenai.org
2011年12月24日(土) ~ 名古屋・伏見ミリオン座にて公開決定!
2012年 1月 7日(土)~ 大阪・シアターセブンにて公開決定!
2012年 2月 21日(土)~ 北海道・蠍座にて公開決定!

オフィシャルtwitter (@akiramenai_org), facebook ページでも情報配信中

2011年12月19日月曜日

【速報!】『マシンガン・プリーチャー』ゴールデン・グローブ賞ノミネーション!

2011年 トロント国際映画祭 正式出品作品
                 『マシンガン・プリーチャー』

                 第69回 ゴールデン・グローブ賞
               主題歌賞"THE KEEPER"ノミネート!!

第69回ゴールデン・グローブ賞にて、『マシンガン・プリ―チャ―』の主題歌"THE KEEPER"が主題歌賞でノミネートされました。

             ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
             「THE KEEPER」 作曲&作詞:クリス・コーネル
             ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

今回ノミネートされた主題歌「THE KEEPER」を歌うのは、MTVの"音楽界で最も偉大な声を持つ22人"にデヴィッド・ボウイ、スティーヴン・タイラー、ブルース・スプリングスティーンを差し置いて12位にランクインした、クリス・コーネル。
彼は、サウンドガーデン、オーディオスレイヴ、そしてテンプル・オブ・ザ・ドッグのヴォーカリストとして、90年代初期のグランジ革命が生んだ最もダイナミックな孤高のロックン・ロール・フォースと評されている。
またグラミー賞で二度の受賞を果たし、世界中で2千万枚以上のアルバムを売り上げ、数え切れないほどのアーティストたちに道を切り拓き続けている。

▼クリス・コーネルから本作へのコメント
この話を聞いた瞬間に、信じ難い物語に惹き付けられたと同時に、サムの人生を、たった1曲の中で表現するのは絶対に無理だと思ったんだよね。でも、作曲家としてこういう素晴らしい映画や監督とコラボできる機会は滅多にないし、光栄だと思った。あまりに感動して結局4曲も書いたんだけど、監督が"Keeper"が一番映画にぴったりだと言ってくれたんだ。
中村明美(9月トロント国際映画祭記者会見にて)

       ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        ゴールデン・グローブ賞授賞式:2012年1月16日(月)AM10時~※日本時間
       ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

------------------------------------------------------------------------------------------------
『チョコレート』のマーク・フォースター監督が、ジェラルド・バトラーの新境地を開拓!
麻薬売人を脱して、アフリカの大地に人生を捧げる男の真実の物語。

本作の主人公のサム・チルダースに扮するのはジェラルド・バトラー。一度はドロップアウトした人生に生きがいを見出し、アフリカの子どもたちのために精力的に活動する様を情熱的に体現し、その演技はキャリア最高との呼び声も高まっている。サムの活動を陰で支える妻・リンにはミシェル・モナハン、唯一の理解者である親友のドニーをマイケル・シャノンが演じている。

作品紹介 「マシンガン・プリーチャー(銃を持った天使)」-人々は彼のことをそう呼ぶ。麻薬とアルコールにおぼれる人生を送っていたサムは、ある事件をきっかけに改心する。やがて彼は、アフリカの各地で内戦に巻き込まれている子どもたちの現状を知り、スーダンに教会と孤児院を建設することを思い立つ。LRA(神の抵抗軍)からの執拗な攻撃に、やむを得ず銃を手にしたサムの活動は、必ずしも歓迎されるものではなかったが、自分を信じ、現在も彼はアフリカ各地で子どもたちを救い続けている。
------------------------------------------------------------------------------------------------

出演:ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハン、マイケル・シャノン、キャシー・ベイカー、スレイマン・スイ・サヴァネ、
マデリーン・キャロル
監督・製作:マーク・フォースター 脚本:ジェイソン・ケラー 音楽:クリス・コーネル
原題:MACHINE GUN PREACHER/2011年/米/ドルビーDTS/シネマスコープ/カラー/35mm/PG-12
字幕翻訳・李静華   公式HP:http://mgp-eiga.com/
©Ilze Kitshoff ©2011 MGP Productions, LLC. All Rights Reserved.

2011年12月18日日曜日

第69回ゴールデン・グローブ賞, SPEJ4作品全9賞ノミネート獲得!

アカデミー賞の前哨戦として注目されます【第69回ゴールデン・グローブ賞】のノミネートが12月15日(木・現地時間)、アメリカにて発表され、現在公開中のブラッド・ピット主演映画『マネーボール』『アーサー・クリスマスの大冒険』ほか2012年2月10日公開『ドラゴン・タトゥーの女』、2月18日公開『おとなのけんか』4作品のSPEJ配給作品が以下の通りノミネートされました。
なお、ゴールデン・グローブ賞受賞式は1月15日(北米時間)におこなわれます。


■『マネーボール』作品賞含む4部門ノミネート
作品賞(ドラマ部門)作品賞(ドラマ部門)
主演男優賞(ドラマ部門)/ブラッド・ピット
助演男優賞/ジョナ・ヒル
脚本賞/スティーブン・ザイリアン&アーロン・ソーキン

■『アーサー・クリスマスの大冒険』1部門ノミネート
アニメ作品賞

■『ドラゴン・タトゥーの女』2部門ノミネート
主演女優賞(ドラマ部門)/ルーニー・マーラ
作曲賞/トレント・レズナー、アッティカス・ロス

■『おとなのけんか』2部門ノミネート
主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)/ジョディ・フォスター
主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)/ケイト・ウィンスレット

------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

2011年12月17日土曜日

〜AKB48第2弾ドキュメンタリー映画公開決定!!〜

『DOCUMENTARY of AKB48
Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』

AKB48第2弾となるドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』の劇場公開が2012年1月27日〈金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開することが決定いたしました。本作品は2010年1月22日より公開した『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』に続きドキュメンタリー映画第2弾作品となります。



その少女は、僕の前で、突然泣き始めた。
「どうした?」
「何があった?」
僕が聞いても、少女は俯いたまま、ただしゃくりあげていた。
2時間くらい経った頃だろうか。
少女は、顔を上げ、手の甲で涙をふきながら、言った。
「ありがとうございました」
気が済んだのか、すっきりとした笑顔だった。
少女たちは傷つき、そして、自分で立ち直る力を持っている。
秋元 康
<作品概要>
少女たちを襲う孤独と重圧、喜びと哀しみ、栄光と挫折。
スターになったことでAKB48が失ったものとは……

まぶしいスポットライトの裏で、がっくりと肩を落とす少女の背中。6年間、その華奢な体でどれほどの重荷に耐えて来たのだろう……。エースとして、選抜メンバーとして光を浴びながら、襲いかかるプレッシャーと強烈な孤独に向き合う日々。なぜ彼女たちは、身を切られるような風の中、それでも夢に向かっていくのか。傷つくと わかっていても、またそのステージへと上がっていくのか。スターになったことで、少女たちが手に入れたものと、失くしたものとは??。シングルCDではミリオンセラーを連発。コンサートは3日間でのべ9万人を動員。「じゃんけん大会」などのイベントでさえ、チケットは瞬時にソールドアウト。テレビや雑誌でもAKB48を見ない日はない。だが、表舞台の華やかさだけでは“本当の姿”は語れない。カメラは、AKB48のすべてが変わった激動の2011年に完全密着。報道されなかった壮絶な舞台裏へも潜入し、その光と影を収めてきた。前作をしのぐ膨大な数の収録テープにつまった1年の軌跡を、焼けるような独占インタビューとともにつむいでいく。

今を生きるアイドルの素顔から、日本の未来が見えてくる

東京、グアム、台湾、シンガポール、そして東北各地へ。分刻みで飛び回るアイドルたちのあらゆる場面、365日に密着! 走り続けることをやめない少女たちの 息づかい、流れる汗とともに、ドキュメンタリーは、今を生きる彼女たちが見てきたもの、感じたこと、捧げた祈り……それらの内面にまで迫っていく。
2011年3月11日。あの日以来、彼女たちは何を思い、どこへ向かおうとしているのか。アイドルとして、ひとりの人間として、今、自分たちにできること……。大事なものを見失うまいと開かれた瞳にあふれる、涙の意味をカメラは問う。

タイトル:『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』
企画:秋元康   監督:高橋栄樹  出演:AKB48  配給:東宝映像事業部 
©2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
★前売券:2010年12月16日(金)より全国上映劇場窓口およびAKB48SHOPのみで販売。
※ “私服”生写真付き(数量限定)+プレミア試写会応募券付き(12月25日販売分まで/数量限定)
★入場料金: 大人1,800 、大高生1,500円 子供・シニア1,000円
2012年1月27日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
www.2011-akb48.jp

2011年12月16日金曜日

『おとなのけんか』(原題:CARNAGE)公開&邦題決定

第68回ヴェネチア映画祭コンペティション部門正式出品作品
第49回ニューヨーク映画祭オープニング作品
ロマン・ポランスキー監督最新作
ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴォルツ、ジョン・C・ライリー共演
『おとなのけんか』

ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子供同士の喧嘩の後、話し合いのため集まった2組の夫婦、リベラルな知識層であるロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー/ジョディ・フォスター)とカウワン夫妻(クリストフ・ヴァルツ/ケイト・ウィンスレット)。冷静に平和的に始まったはずの話し合いは、次第に強烈なテンションで不協和音を響かせ、お互いの本性がむき出しになっていき、やがては夫婦間の問題までもが露わになっていく。
 原作は、パリ、ロンドン、NYのブロードウェイで大成功をおさめ、オリヴィエ賞の新作コメディ賞とトニー賞演劇部門の作品賞、演出賞、主演女優賞を受賞するなど演劇界で高い評価を受けたヤスミナ・レザの大ヒット舞台劇。出演は二組の夫婦4人だけの室内劇で、リアルタイムの90分で進んでいく痛烈な会話劇に魅了され映画化に挑んだのは、『戦場のピアニスト』でアカデミー監督賞を受賞し、最新作『ゴーストライター』での評価も高いロマン・ポランスキー。映画化にあたっては出演者達に弾丸のような早口セリフを強いて、90分をより短縮、さらに濃厚でリアルなドラマに仕上げた。


監督:ロマン・ポランスキー/出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴォルツ、ジョン・C・ライリー/脚色:ロマン・ポランスキー、ヤスミナ・レザ/原作:ヤスミナ・レザ(Yasmina Reza) 戯曲『God of Carnage (原題:Le Dieu du Carnage)』、日本上演タイトル:「大人はかく戦えり」/撮影:パヴェル・エデルマン/編集:エルヴェ・ド・ルーズ/プロダクション・デザイン:ディーン・タヴォウラリス、衣装デザイン:ミレーナ・カノネロ
全米公開:2011年12月16日 /上映時間:1時間19分 /公式サイト:http://otonanokenka.jp(近日UP)/facebookページ:https://www.facebook.com/otonanokenka

2012年2月18日(土)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次ロードショー

2011年12月15日木曜日

『劇場版 笑ってさよなら~四畳半下請け工場の日々~』

【ストーリー】
名古屋市南区で小さな「工場」を営む、小早川弘江さん56歳(当時)。わずか四畳半ほどのスペースで手掛けているのは自動車部品の接着作業。ここはトヨタ自動車の下請けの下請けの下請けのそのまた下請け...4次下請けの町工場。手掛けた部品がどこに使われているかは知りません。在庫とムダを省く「かんばん方式」の中、"上の会社"から仕事が届くのはいつも前日の夕方。多いのか少ないのか、あるいは全く無いのか、その時までわかりません。それでも工場には「笑い」が絶えません。今、エコカーブームで工場は大忙し。トヨタショックでは半年間、仕事が全くありませんでしたが、今度は仕事に追い立てられる日々。そんな中、小早川さんは決意を固めます。「笑ってさよなら」しようね、と。


【作品情報】
■プロデューサー:大園康志/ ディレクター 西田征弘
■製作著作:CBC
■ナレーション:平泉成
■2011年モンテカルロ・テレビジョン・フェスティバル 
ニュースドキュメンタリー部門最優秀作品賞「ゴールデンニンフ賞」受賞
2010年「地方の時代」映像祭グランプリ受賞
■配給:中部日本放送㈱、スターキャット・ケーブルネットワーク㈱
■2011年/日本/カラー/HD/60分  ©2011CBC
【文部科学省選定】 社会教育 「青年向き」・「成人向き」
http://waratte-sayonara.jp

2011年12月14日水曜日

『青い塩』と



邦題&3/17初日決定のご案内
ソン・ガンホ主演、『イルマーレ』イ・ヒョンスン監督待望の新作
お世話になっております。実力派カリスマ俳優 ソン・ガンホ主演、映像の魔術師 イ・ヒョンスン監督による『イルマーレ』から11年ぶりの新作は『青い塩』というタイトルに決定し、2012年3月17日(土)より、丸の内TOEI、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなります。
『反則王』『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』『グッド・バッド・ウィアード』『渇き』『義兄弟』に至るまで、ジャンルやテーマを問わず、すべてのキャラクターを完壁に演じる天性の演技者として、監督、評論家、観客たち誰もが認める名実共に韓国いやアジア最高の俳優ソン・ガンホが、今最も注目されている次世代女優シン・セギョンとスクリーンで出会った!
ソウルの伝説の闇組織から足を洗い、母の故郷プサンでレストランを開いて穏やかに過ごしたいと願うドゥホン(ソン・ガンホ)は、通い始めた料理教室でセビン(シン・セギョン)と出会う。一見普通の少女に見えるセビンは、かつて優秀なライフル競技の射撃選手だったが、ある事件がきっかけで闇組織の便利屋となり、ドゥホンの動向を探るために近付いていた。ドゥホンの人間的な人柄に触れ、戸惑うセビン。少しずつ距離が近づいていく二人だったが、ついにセビンはドゥホンを殺すように命じられる。正体を知りつつも彼女を組織から守ろうとするドゥホン。スタイリッシュな都市ソウルと美しい塩田風景のプサンを舞台に、二人の運命が絡み合う・・。


出演:ソン・ガンホ、シン・セギョン
チョン・ジョンミョン、イ・ジョンヒョク、キム・ミンジュン、ユン・ヨジョン、キム・レハ、オ・ダルス
監督/脚本:イ・ヒョンスン
撮影:キム・ビョンソ製作:メディアエンシネマ スタジオ・ブルー
2011年/韓国映画/122分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタルSRD 原題:青い塩
日本語字幕:根本理恵/本国公開:2011年9月1日/©2011 CJ E&M Corporation, All rights reserved


2012年3月17日(土)、丸の内TOEI、新宿武蔵野館ほか
全国ロードショー

2011年12月13日火曜日

『幕末太陽傳 デジタル修復版』公開

ゲスト:立川談幸 12:00~13:00
場所:江戸東京博物館(東京都墨田区)常設展示室 中村座前にて
演目:"居残り佐平次" 

「幕末太陽傳」の主人公の名前は、佐平次。当映画は、古典落語の「居残り佐平次」や更に「品川心中」「三枚起請」など数々の噺を一本の物語に紡ぎ上げた作品であり、多くの落語家が「落語種を映画にして唯一成功した作品」との太鼓判を捺し、喜劇を生業とする様々なジャンルの文化人たちに愛され続けている川島雄三監督の代表作です。
立川談幸師匠は、故・立川談志師匠の唯一の内弟子。談志師匠が愛し、彼が得意とした"居残り佐平次"は、映画の軸になっている噺のひとつでもあります。当映画も談志師匠が大好きな作品で、映画祭のゲストで語ったこともあるほどでした。
"居残り佐平次"を、彼の唯一の内弟子である、談志師匠への思いをこめて、談幸師匠が講じました。

<立川談幸師匠のお話>
江戸時代を舞台にした映画『幕末太陽傳』というものがあるが、落語が10席ほど話に組み込まれている。映画を見てから落語をお聞きになるのも良いかと思います。1957年の映画ということで、フィルムが劣化しているが、デジタル修復化が出来たとのこと、このたび日活が配給するとのことです。
「廓話」イコール艶っぽい話と取られるが、この映画は性描写も出てこないし、廓話は欲望も含め人間のすべてが出る。例えば、左幸子と南田洋子の喧嘩のシーンなど、人間模様が表れやすいというところが面白いと思う。
作品の素晴らしさもさることながら、役者もすごい。それぞれの個性を上手く発揮している。若い人にとってはそれが新鮮に映ると思う。談志師匠もこの作品は大好きでした。

談志師匠は"佐平次"に自分の気持ちを投影させて、"佐平次"のどこでも自分の才覚で生き抜いているバイタリティのあるところを気に入っていると思うし、師匠の持ち味でもあると思う。さらに、志ん朝師匠の流麗な話し振りから学び、両者の良いところ(居残り佐平次)取りをさせて頂いた。
今改めて思う談志師匠の魅力は、落語というものは昔から型を重んじるものであって、型破りは評価されてこなかった中で、それをやって評価されている。今、風俗を含め江戸がわからなくなっているので、(型を重んじるよりも)人間を描くということに重きを置いている。伝統のある中で、それを過去完了に終わらせないというところが魅力だ。また人の気持ちをつかむのも上手。
師匠がお亡くなりになってからの心境については、実感がわかない。亡くなる知らせを受ける前、ちょくちょく談志師匠が夢に出てきていた。それが亡くなった知らせを聞いた23日以降、めっきり出なくなった。でも、昨夜、今日自分が「居残り佐平次」を演ずるにあたってなのか、夢に出てきた。「俺、これから死ぬんだ」と言っていた。会ったのは8月が最後、筆談で放送では言えないことを書いていた。(笑)あれが最後だとは思っていなかったけど、今でも心の整理はつきにくい。
師匠は舐めかけのアメを小袋に入れてとっていたとTVで見たけれど、師匠は何でも大切にとっていた。楽屋にある食べ物などすべて持って帰っていたし、宴会の席のものもタッパに入れて持って帰っていた。縁があって来たんだから、大切にしようという想いだと思う。それは物でも人でも何に対しても言えたと思う。

****************************************


【映画『幕末太陽傳 デジタル修復版』】
ここでしか観ることができない、豪華キャストの競演!
半世紀の時を超えて、銀幕に甦る!!

時は幕末、文久2(1862)年。品川の地に北の吉原と並び称される岡場所があった。
相模屋という遊郭へわらじを脱いだ主人公の佐平次は、勘定を気にする仲間三人を尻目に、
呑めや歌えの大尽騒ぎ。実はこの男、懐に一銭も持ち合わせていないのだが・・・。
"居残り"と称して、相模屋で働くことにした佐平次は八面六臂(はちめんろっぴ)の大活躍! 
巻き起こる騒動を片っ端から片付けてゆく。自らの身に起こった困難をものともせず、
滞在中の高杉晋作らとも交友を結び、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。

来る2012年に100周年を迎える日本最古の映画会社である日活。
数多あるライブラリーの中から、後の100年まで残したい1本として、
日活および川島雄三監督の代表作である本作をデジタル修復する作品に選んだ。
撮影当時のスタッフが修復に携わることで、日本映画黄金期の勢いを感じさせる作品として
生まれ変わった本作は、50年代のオールスター・キャストが織りなす、笑いあり涙ありの
江戸の"粋"な心に触れる作品だ。
古典落語「居残り佐平次」を軸に、「品川心中」「三枚起請」など様々な噺を一本の物語に紡ぎ上げ、
完成して54年、日本文化に多大なる影響を齎し続けている。

出演:フランキー堺、南田洋子、左幸子、石原裕次郎、芦川いづみ、金子信雄、織田政雄、岡田真澄、植村謙二郎、河野秋武、二谷英明、西村晃、
高原駿雄、小林旭、武藤章生、小沢昭一、梅野泰靖、新井麗子、菅井きん、山岡久乃/殿山泰司/市村俊幸
監督:川島雄三 脚本:川島雄三、田中啓一、今村昌平 撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男 美術:中村公彦、千葉一彦 録音:橋本文雄 音楽:黛敏郎

修復監修:橋本文雄、萩原泉 共同事業:東京国立近代美術館フィルムセンター 技術協力:IMAGICA、IMAGICAウェスト、AUDIO MECHANICS

1957年/110分/モノクロ/スタンダード/?日活
配給:日活 www.nikkatsu.com/bakumatsu


【12/23(金・祝) テアトル新宿ほか全国公開】

2011年12月12日月曜日

アンダーワールド 覚醒

大ヒットシリーズ「アンダーワールド」の第4弾、最新作「アンダーワールド 覚醒」が待望の3D作品として、来年2月24日(金)に日本公開することが決定!
人知れず繰り広げられてきた何世紀にもわたるヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)の種族闘争。本作では人間もがその戦いに参戦し、"力"を手に入れようとする。哀しき宿命を背負った、ヴァンパイア処刑人セリーン(ケイト・ベッキンセール)に、人間が新たな脅威として襲い掛かる!
監督はスウェーデンの新鋭モンス・モーリンド。主演は「アンダーワールド」と「アンダーワールド:エボリューション」に続き、ケイト・ベッキンセールが、他のアクション・ヒロインとは一線を画する、気高さと女性らしさを纏ったスタイリッシュなヒロインで観客を魅了する。
最新作はシリーズ初となる3D公開が決定。最強のヴァンパイア・ヒロイン・アクションがまもなく覚醒する!!

【ストーリー】
世紀を超え、ヴァンパイアとライカンの種族の存亡をめぐる死闘が繰り広げられてきた闇の世界-"アンダーワールド"。哀しき宿命を背負ったヴァンパイア処刑人セリーンは、ヴァンパイア族からもライカン族からも追われた果てに、人間に捕らわれていた。その間も両種族の戦いは続き、更には、その力を手にいれようと、人間もが戦いに参戦していた。12年もの眠りから甦ったセリーンは、復讐と一人の少女を救うために、ヴァンパイアVSライカンVS人間の三つ巴の戦いへと身を投じる―。

監督:モンス・モーリンド「シェルター」
主演:ケイト・ベッキンセール「パール・ハーバー」「アンダーワールド」シリーズ
原題:UNDERWORLD AWAKENING(全米公開:2012年1月20日)                   オフィシャルサイト:http://www.Underworld-Kakusei.jp
2012年2月24日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー!

2011年12月11日日曜日

映画『桜蘭高校ホスト部』(来年3/17公開)

来年3月17日より公開される映画「桜蘭高校ホスト部」(韓哲監督)の主題歌を、ドラマ版の主題歌も担当した現役女子大生シンガーソングライターのmiwaが書き下ろす事となった。
同映画はドラマ版でおなじみの川口春奈・山本裕典はもちろん、AKB48の篠田麻里子や韓国の"野獣系アイドル"2PMのニックン等多彩で豪華な出演者も話題となっている。
この秋、学園祭とアコースティクツアーで計21本のワンマンライブを経験、ひと回り大きくなったmiwaだが、12月24日には初のZepp Tokyoでのワンマンもチケット発売後即日完売、更なる飛躍が期待されている。前作「FRiDAY-MA-MAGiC」では明るく激しいガールズロックサウンドが十代の女性を中心に好評を得たmiwaだが、この春注目の映画「桜蘭高校ホスト部」ではまた新たにどのような新曲を披露してくれるのか大いに楽しみである。

miwaオフィシャルホームページ  http://www.miwa-web.com

映画『桜蘭高校ホスト部』
2012年3月17日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー

2011年12月10日土曜日

責任ある飲酒行動




バカルディ社「CHAMPIONS DRINK RESPONSIBLY(責任ある飲酒行動)」キャンペーンでラファエル・ナダルと対戦!

バカルディ社「CHAMPIONS DRINK RESPONSIBLY」キャンペーンでは、親善大使のラファエル・ナダル選手とオンラインで直接対戦するチャンスがあります。


バカルディ社
蒸留酒とワイン製造において世界最大の民間企業であるバカルディ社は200を超えるブランドを抱える。世界中で愛されているラム酒「バカルディ」、ウォッカ「グレイグース」、アメリカ最大の販売本数を誇るスコッチウィスキー「デュワーズ」、人気沸騰中のプレミアム・ジン「ボンベイサファイア」、ベルモット酒で世界をリードする「マルティーニ」、メキシコ最高級テキーラ「カサドレス」などのブランドを所有する。

1862年2月4日、キューバのサンティアゴ・デ・クーバにファミリー企業として設立されたバカルディ社は、現在世界16カ国に6000人の従業 員、27の工場を抱え、現在100カ国で販売している。2012年2月、150周年を迎える。その他詳細は www.bacardilimited.com で。

ラファエル・ナダル
ラファエル・ナダルはテニス世界四大大会で10度の優勝を誇り、テニス史上最高のプレーヤーの一人として数えられている。



BACARDI AND THE BAT DEVICE ARE REGISTERED TRADEMARKS OF BACARDI & COMPANY LIMITED

2011年12月9日金曜日

『ゾンビアス』

『ロボゲイシャ』『電人ザボーガー』の井口昇監督 最新作!
全ての映画人に挑戦する、観る人間の勇気が試される、これぞ(色んな意味で)
新機軸 のショッカーホラー・エンターテインメント!!

世界各国で配給が決まり海外でも熱狂的な支持を集める、鬼才・井口昇監督。2011年も『富江 アンリミテッド』、板尾創路主演の話題作『電人ザボーガー』と精力的に作品を撮り続けている凄い人。そしてまたもや、待望の最新作が完成した。その先の最新作とは――。
なんと、『ゾンビ』×『ジャッカス』シリーズの融合とも言うべき、ジャンル映画の新たな境地に挑む意欲作!その名も『ゾンビアス』。

テキサス=オースティン ファンタスティック映画祭 にて井口監督参戦のもと、ワールドプレミア上映された最新作が、2012年2月25日(土)、ついに日本公開いたします!

パラサイトに寄生されたウ○チまみれの村人=ウン・デッドがキャンプに来た若い男女に次々と襲い掛かる、前代未聞のショッカーホラー・エンタテインメント。
そしてこのウン・デッドに立ち向かう女子高生役には「天才てれびくん」で子役デビューした中村有沙!ホラー映画の王道とフィクションとは思えない、まさに 『ジャッカス』張りの体当たり演技で観る者のド肝を抜く!あなたは全編まともに正視することが出来るのか?そして、その後まともに生活できるか!?



監 督:井口昇
キャスト:中村有沙、 菅野麻由、護あさな、
優希、ダニー(ザ50回転ズ)、岸建太朗、亜紗美、デモ田中、島津健太郎

2011年/日本/カラー/85分/DLP/16:9/DTSステレオ
(c)2011 GAMBIT

zombieass.jp

2012年2月25日(土) シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

2011年12月8日木曜日

「シネアジア2011」

ソニーPCL株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:毛塚 善文、以下、ソニーPCL)は、明日12月6日(火)より香港にて開催されるアジア最大級の映画業界のコンベンション「シネアジア2011(Cine Asia 2011)」(註1)のソニーブース内において、ソニーPCLが運営するODS(Other Digital Stuff:非映画コンテンツ)配給事業"Livespire(ライブスパイア)"の展示を行います。

ソニー"Livespire"は、映画館等のシネマスクリーンに、演劇、オペラ、コンサート、スポーツイベントなどのライブコンテンツを上映する事業で、2008年の事業開始以来、約40タイトル以上のデジタルコンテンツを全国の映画館に配給して参りました。今年2011年1月以降は主にアジア圏に向けた海外配給にも取り組み、人気アイドルグループ「AKB48」のイベント生中継や、浜崎あゆみのコンサートを3D収録した「A3D ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009 A ~NEXT LEVEL~」など、海外からも注目される日本のエンタテインメントコンテンツを、香港・台湾などで上映しています。(註2)

ソニー"Livespire"では、今回の「シネアジア2011」での展示をODSビジネスにおけるアジア戦略の一端と位置づけ、アジア各国の映画館関係者およびコンテンツ事業者との連携を深めることにより、成長著しいアジアのコンテンツマーケットに対して日本の良質なコンテンツを供給していくと同時に、広くアジア圏のエンタテインメントを日本または世界に向けて紹介し、日本の映画業界では既に定着しつつあるODSビジネスのアジア全域への拡大を通じて、新しい映像エンタテインメントを提案しています。

【註1】シネアジア2011(CineAsia 2011)
会期:2011年12月6日~2011年12月8日
会場:香港コンベンション&エキシビション・センター
概要:アジア映画業界のプロが集結するイベント。映画界における世界四大コンベンションとも言われ、毎年多くの映画館オーナーやサプライヤーのほか、映画買付担当や配給会社まで様々な人々が参加している。

【註2】ソニー"Livespire"海外配給実績(2011年)
《イベント生中継》
1月「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2011」(香港)
6月「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」(香港・台湾・韓国)
9月「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」(香港・台湾・韓国・シンガポール・タイ)
《海外配給(DCP上映)》
「A3D ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009 A ~NEXT LEVEL~」(香港・シンガポール)
「A3D II ayumi hamasaki Rock'n Roll Circus Tour FINAL ~7days Special~」(香港・シンガポール・台湾)
「LUNA SEA 3D IN LOS ANGELES」(香港)

2011年12月7日水曜日

『RADWIMPS「絶体延命」』



5.1ch高音質サラウンド-

『RADWIMPS「絶体延命」』
映画館[3日間限定]上映決定!

若者の間で絶大な人気を誇るRADWIMPS。2011年3月9日、6枚目のアルバム「絶体絶命」をリリース、直後の東日本大震災を受け、4月12日から「絶体延命ツアー」をスタート。ツアーファイナルとなった8月3日の仙台まで、全国計37公演となったライブの模様を記録したBlu-ray&DVDを、1月11日に発売致します。今回、Blu-ray&DVD発売を記念し、東京・名古屋・大阪の映画館にて “RADWIMPS LIVE「絶体延命」” “3日間”期間限定ロードショーの実施が決定致しました。大スクリーンと5.1ch高音質サラウンドで、ライブ会場さながらの臨場感、感動が蘇る、ファン必至のイベントです。
公開概要

タイトル RADWIMPS「絶体延命」
公開日 2012年1月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)
【3日間限定】
公開劇場 以下4劇場にて公開予定(2011年11月28日現在)

東 京 1.新宿ピカデリー /2.渋谷シネクイント
名古屋 3.ミッドランドスクエアシネマ
大 阪 4.なんばパークスシネマ
料金 劇場/日時/座席指定 入場券 1,800円(税込)
発売日 12月1日(木)12:00より、以下のWEBサイトで抽選を受け付けます。
http://l-tike.com/radwimps_movie/

*チケット予約・購入についてのお問い合わせ:
ローソンチケット 0570-000-777
(10:00〜20:00但し、2011年12月30日〜2012年1月3日は10:00〜18:00となります)

制作 voque ting co.,ltd.
配給 ローソンHMVエンタテイメント
公式サイト http://l-tike.com/radwimps_movie/(ウェブ、モバイル共通)
監督 島田 大介
上映時間 約123分

2011年12月6日火曜日

UVERworld 2011 Premium LIVE on Xmas

ソニー"Livespire"(ライブスパイア)では、十代の若者を中心に絶大な人気を誇る5人組のバンド「UVERworld」(読み:ウーバーワールド)が、12月25日(日)に日本武道館で開催するコンサート「UVERworld 2011 Premium LIVE on Xmas」を全国の映画館に生中継することに致しました。

このUVERworldによる"Premium LIVE on Xmas"は、2008年より毎年12月25日に日本武道館で開催しているもので、ファンにとっては今年一年を総括する重要なコンサートライブです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

Livespire「UVERworld 2011 Premium LIVE on Xmas」
映画館生中継 実施概要

開催日:2011年12月25日(日)18時00分開演予定
生中継会場:東京・大阪・名古屋ほか、各地の映画館
鑑賞料金:2,700円(税込)

==========================

『ドラゴン・タトゥーの女』

『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』の鬼才デヴィド・フィンチャーの最新作はスウェーデン発の世界的大ベストセラー・ミステリー。
『セブン』を超えるフィンチャー・ワールドの真骨頂!
『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年2月10日(金)TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
------------------------------------------------------------------------------------------------
依頼人・・・ヘンリック ヴァンゲル財閥の元会長。40年前に孤島から失踪した少女ハリエットの大叔父
   調査人は2名・・・ミカエル 雑誌「ミレニアム」の敏腕ジャーナリスト、名誉毀損事件で敗訴となり現在休職中
"ドラゴン・タトゥーの女"リスベット アウトローで天才ハッカー

二人が突き止めた身も凍る真実とはー

それは、40年前に失踪した少女の捜索依頼から始まった。
 スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエルは意気消沈の日々を送っていた。ある日、彼のもとにスェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族史編纂の依頼が舞い込む。
実はヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。ヴァンゲルは、ハリエットが一族の誰かに殺害されたと信じていた。40年前に一族が住む孤島から何の痕跡も残さず消えた少女。
成功の陰に隠された一族の血塗られた過去に気づくものの手がかりの掴めないミカエルは、一族の弁護士から天才的な資料収集能力の持ち主であるとして、ある人物を紹介される。
リスベットという名の、顔色が悪く、拒食症患者のように、がりがりに痩せた女。ほとんどお喋りをしない小柄な彼女の肩口から背中にかけて、龍の刺青(ドラゴン・タトゥー)が異彩を放っていた。
意外なことに彼女はこの事件に異様な関心を示す。そして彼女はハリエットの日記に記された聖書にまつわる数字が、ロシアの国境付近で未解決のままとなっている連続猟奇殺人事件と関連があることを突き止めるのだった...。

ミカエルとリスベット、悪だけが解き明かす悪の真実。
社会派ジャーナリスト、ミカエルを演じるのは『007』シリーズでお馴染のダニエル・クレイグ。持ち前の渋い魅力を発揮し、正義を追求しながらも他人に心を許すことができない屈折したヒーロー像はまさにはまり役。しかし、何よりも衝撃的なのは、タイトル・ロール"ドラゴン・タトゥーの女"リスベットのキャラクターとそれを演じきった新星ルーニー・マーラー(『ソーシャル・ネットワーク』)。フィンチャーが描く新時代のダーク・ヒロインとして、映画史に記録されることは間違いない。
原作はミレニアム三部作の第一弾として2005年にスウェーデンで刊行され発売と同時に爆発的ヒットとなった衝撃のミステリー。日本では2008年に刊行され話題になったが、2011年秋早川書房から文庫化され、発売一ヶ月で20万部を越え、今また新たなブームに火がついている。 

監督:デヴィッド・フィンチャー『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』脚色:スティーブン・ザイリアン『ハンニバル』『シンドラーのリスト』
音楽:トレント・レズナー/アッティカス・ロス『ソーシャル・ネットワーク』
出演:ダニエル・クレイグ『007慰めの報酬』/ルーニー・マーラ『ソーシャル・ネットワーク』  公式サイト:http://dragontattoo.jp/

2011年12月5日月曜日

ハリウッド超大作『47RONIN』

世界初解禁!!劇場限定公開!
衝撃の新感覚映像を3Dで体験せよ!
キアヌ・リーブス主演3Dファンタジー・アクション 
ハリウッド超大作ついに始動!


フォーティーセブン・ローニン
『47RONIN』
世界先行!劇場限定公開の特報映像解禁

 2012年12月TOHOシネマズ 日劇1他にて全国公開されるハリウッド超大作『47RONIN(フォーティーセブン・ローニン)』の特報第一弾を世界に先駆けて、
12月1日(木)公開のスピルバーグ監督最新作にして、初3D作品『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』の3D上映館(※一部劇場を除く)にて、本編上映前に、日本独占解禁!!
 主演は超大作にふさわしい、世界的実力派俳優キアヌ・リーブス。共演は、日本とハリウッド両方の第一線で活躍する真田広之を筆頭に、今作がハリウッド・デビュー作となる柴咲コウ、『マイティ・ソー』『バトルシップ』とハリウッド大作への主演が続く浅野忠信、アカデミー賞ノミネート女優の菊地凛子、そして一足早く音楽の分野で全米No.1デビューを果たした赤西仁と、超豪華キャストが勢ぞろい。既に話題騒然となっており、2012年最大の映像イベントとなること必至の超大作です。本作の物語は、日本人なら誰もが知っている「忠臣蔵」をベースにしつつ、ハリウッド映画初監督ながらCM業界では知らぬ者がいない新進気鋭のビジュアリスト、カール・リンシュがまったく新たなオリジナルストーリーを展開。最新CG技術を駆使した未体験の3Dファンタジー・アクション映画の片鱗が、遂にその姿を現します!

『47RONIN』(フォーティーセブン・ローニン)
製作:ユニバーサル・ピクチャーズ/配給:東宝東和/アメリカ映画
監督:カール・リンシュ/脚本:クリス・モーガン(『ウォンテッド』)
出演:キアヌ・リーブス、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子、赤西仁
公式ホームページ:47ronin.jp

2012年12月TOHOシネマズ 日劇1

2011年12月2日金曜日

東宝東和配給、『スノーホワイト』 (原題『SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN』)



東宝東和配給、『スノーホワイト』 (原題『SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN』)が6月15日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他にて全国公開が決定いたしました。本作は子供から大人まで多くのファンを持つ名作グリム童話の「白雪姫」を基に、人気ゲーム「Halo 3: Believe」のCMでカンヌ広告祭のグランプリの受賞経験もある、CMディレクター ルパート・サンダースが、これまでの白雪姫のイメージを一新させたアクション・アドベンチャー。王子様を待つだけのかわいい姫ではなく、悪魔の女王に立ち向かう"戦うスノーホワイト"を主人公に壮大な世界観が描かれています。また衣装デザインを『シカゴ』『SAYURI』『アリス・イン・ワンダーランド』でアカデミー賞衣装デザイン賞に輝いた"服の魔術師"コリーン・アトウッドが手掛けることにより、スノーホワイトの力強さがより引き立つ映像となっています。
 主人公スノーホワイトには、『トワイライト』シリーズで絶大な人気を誇るクリステン・スチュワート。また悪魔の女王には、オスカー女優のシャーリーズ・セロン。このほかに、『マイティ・ソー』で主人公ソーを演じたクリス・ヘムズワース、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のサム・クラフリンという若手イケメン俳優たちが顔を揃えます。


≪スノーホワイト とは・・・≫
 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。しかし、スノーホワイトは女王の策略の裏をかき、狩人から闘いの戦術と生き抜く術を教わるのだった。

キャスト:クリステン・スチュワート (『トワイライト』シリーズ)、シャーリーズ・セロン (『モンスター』、クリス・ヘムズワース (『マイティ・ソー』)、サム・クラフリン (『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』)
監督:ルパート・サンダース 脚本:エヴァン・ドアティ 
衣装デザイン:コリーン・アトウッド(『シカゴ』『SAYURI』『アリス・イン・ワンダーランド』)
製作:ジョー・ロス、サム・マーサー 
©2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

日本公式サイト:snowwhite-movie.jp

2011年11月29日火曜日

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」


11/21(月)実施 映画「マイウェイ 12,000キロの真実」
【世界最速 緊急フッテージ試写会&記者会見のご報告】

<映画のクライマックスとなる“ノルマンディー上陸作戦”の映像を初公開!>
映画ライターや編集者などプロから集めたアンケートで満足度100%、
映像を見て映画を見たくなった人が90%以上!! 異例のプロの満足度!!

2012年1月14日(土)より全国公開の映画「マイウェイ 12,000キロの真実」。
本作は、1944年の“ノルマンディー上陸作戦”時に、ドイツ軍内から発見された実在の東洋人の物語を、「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が韓国映画史上最高の製作費25億円を掛けた感動作。「プライベート・ライアン」「レッドクリフ」のスタッフを始めとする、世界16カ国のスタッフが集結した本作は、主演にオダギリジョーとチャン・ドンゴンを迎え、まさに世界プロジェクト規模で製作されました。

11月21日(月)完成に先駆けて、カン・ジェギュ監督が<映画のクライマックスとなる“ノルマンディー上陸作戦”>を持って来日し、主演のオダギリジョーとともに舞台挨拶付きの特別フッテージ試写会を行いました。

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」<世界最速 緊急フッテージ試写会&記者会見>

■日  程:11月21日(月) ■場所:新宿バルト9 シアター9
■登壇者:カン・ジェギュ監督(48)、オダギリジョー(35)
■内  容:映画の予告・メイキング・特別映像の上映と監督・オダギリさんの質疑応答を交えた記者会見を実施

映像を鑑賞したオダギリジョー コメント
「トラウマで手が震える」

<登壇者のコメント>
オダギリ:最初この話をいただいて自分のスタンスとあまりにも違うので辞めようと思ったんです。でも、監督日本に何度も足を運んでくださり、その都度、おこがましですけど脚本にお意見を言ったことに対して、きちんと反映してくれたんです。その熱意にうたれました。今回の作品は企画自体が挑戦的で意味があると思います。僕が関わることで日本人の在り方にウソがないようにと思って演じました。
監督:ノルマンディーで見つかった東洋人のドキュメンタリーを見て衝撃を受けこれを題材にした映画を撮りたいと思いました。ノルマンディーは今までもいろいろな映画の題材になってきましたが、その中にいたアジアの青年の感情を描くことで新しい視点で撮影できたと思います。今最後の作業中なので皆さんの期待に沿える作品になるようにしたいです。

●撮影に行きたくない!!
オ:台本を読んだだけで過酷な撮影になると分かったので、インのとき「本当に行きたくない」と思いました…(笑)戦争に送られる様な気持でしたので役づくりが必要なかったです。実際に戦車を3台作っていたりと徹底したものづくりを見ることができました。スタッフが5・6時間かけて準備することもあるので僕がちょっと転んでNGを出したらまたその繰り返しをさせる訳にはいかないですし…そういう意味での重みみたいのはありましたね。
監督:僕も毎日嫌でした(笑)1日12時間ぐらい撮影していましたが、毎日時間との戦いだし、寒いし…

●オダギリさんは教祖様!?
監:オダギリさんはイケメンですよね(笑)韓国にもたくさんファンがいるのでいつかいっしょに仕事をしたいと思っていました。日本で初めてお会いしたとき一目見てすぐ虜になりました。こんなこと初めてです(笑)アクションに関して少し不安があったのですが、素晴らしかったです。現場にはオダギリさんの熱狂的なファンになるスタッフが多くて“教祖”と呼ばれていました(笑)編集のスタッフは女性3人なんですが、僕がオダギリさんのシーンをカットしようとすると怒るんですよ(笑)

●チャン・ドンゴンは「韓国の高倉健」
オ:他にことばがみつからなくてつまらない表現になってしまいますが素晴らしい方です。スタッフは総勢200名以上いたのですが、全員に「チャン・ドンゴン」というロゴの入ったダウンジャケットをプレゼントしていました。高倉健さんがスタッフ全員に時計をプレゼントしたという話を聞いたことがあるので、「韓国の高倉健」だと思いました(笑)

●猫ひろしとマラソンの練習
オ:谷川真理さんのところでフォームの矯正などを行いました。猫ひろしさんも通ってらしてちょっと引くぐらいすごいスピードで走ってました。トレーニングの過酷さを少しわかるのでカンボジアの代表に選ばれればいいなと思っています。最近は海外に行った時も走ってます。オシャレな趣味ができました(笑)

●上映された“ノルマンディー上陸作戦”の映像を初めて観たら、「トラウマで手が震える」
オ:この大変さが皆さんに分かっていただけたと思います。これをやらされていたんですよ。見ていて震える感じがしたんですが、撮影の時のトラウマですね。迫力がありますね。これら迫力のあるシーンはじめ全てのカット割をして指示をし、役者や各スタッフの立場に意見を聞いたうえで最終的な判断を下す。全スタッフを動かす監督はあらためて凄い人ですね。現場では「どんだけ撮るんだ(笑)」ってつっこみたくなる時もありましたけど、今、この映像をみて思ってましたけど頑張ってよかったです

映画史上最大のスケールで贈る 衝撃と感動の物語
5年間12,000キロの旅で気付いた生きる意味。
ラストに待ち受ける想像を絶する感動があなたの生き方を変える

<STORY>
 1928年日本占領下の朝鮮で日本人と朝鮮人の少年が出会った。境遇は全く違うが、走る事が好きな二人はマラソンでオリンピック出場を夢見た。しかし、時代は国籍の違う彼らの友情を許さなかった。運命のいたずらにより、彼らは日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦うことになる。アジアからノルマンディーまで12,000キロにも及ぶ戦いの中、全てを失っても生きる道を選んだのは何故か?そこには衝撃の事実と感動のドラマが隠されていた。
出演/オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン
監督/カン・ジェギュ (「シュリ」「ブラザーフッド」)
脚本/カン・ジェギュ、キム・ビョンイン、ナ・ヒョン
撮影/イ・モゲ(「悪魔を見た」「グッド・バッド・ウィアード」「オアシス」「ペパーミント・キャンディー」)
2011/韓国/シネスコサイズ/ドルビーデジタル
© 2011 2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET, ALL RIGHTS RESERVED
提供:CJ ENTERTAINMENT AND SK PLANET  配給:CJ Entertainment Japan/東映
宣伝協力:KICCORIT


映画「マイウェイ 12,000キロの真実」2012年1月14日(土)全国公開


2011年11月25日金曜日

『マネーボール』ニュースリリース-GMのあるべき姿がここにある!

今、日本で巻き起こる空前の野球ブーム、GM論争―。
公開1週目の週末も、高いホールド率をキープ!

GMのあるべき姿が、ここにある!


メジャーリーグを舞台に、世界一有名な現役GM(ゼネラル・マネージャー)の
半生と孤独な戦いを描いた感動の実話!

11月11日(金)に日本公開され、その週の洋画公開作の中でNO.1となったブラッド・ピット主演の映画『マネーボール』。震災後初の大物スター、ブラッド・ピットの来日やジャパン・プレミアで公開前に大きな盛り上がりをみせた! そして折しも11月20日(日)には、日本シリーズの優勝チームが決まり、ますます日本で野球熱が高まる中、日本ではあまり馴染みのなかったGM(ゼネラル・マネージャー)にも各報道で注目が集まっている!!

本作の主人公であるビリー・ビーンは、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスで今も活躍する現役かつ世界一有名なGM。貧乏弱小球団を再生させるべく、今までの選手獲得の常識を覆した彼の理論は、チーム内や世間から批判された。チーム優勝のプレッシャーを背負いながらも孤独な戦いを続け、上司との確執、数々の苦悩を乗り越えてチームを常勝球団に導いた実話の物語が観客の共感を呼び、週末の「ぴあ」の満足度ランキングでも見事第1位、ツイッターでも「これがGMのあるべき姿だ!」などと昨今のGM論争とからめた書き込みも増えている―。(リリースより抜粋)

『マネーボール』
丸の内ピカデリー他、全国にて大ヒット公開中!

------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

2011年11月24日木曜日

衝撃の実話『マシンガン・プリーチャー』

<2011年 トロント国際映画祭 正式出品作品>

       『マシンガン・プリーチャー』
原題:Machine Gun Preacher

              2月4日(土)公開決定!
        ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『チョコレート』のマーク・フォースター監督がジェラルド・バトラーの新境地を開拓!
麻薬売人を脱して、アフリカの大地に人生を捧げる男の真実の物語。

「マシンガン・プリーチャー(銃を持った天使)」-人々は彼のことをそう呼ぶ。麻薬とアルコールにおぼれる人生を送っていたサムは、ある事件をきっかけに改心する。やがて彼は、アフリカの各地で内戦に巻き込まれている子どもたちの現状を知り、スーダンに教会と孤児院を建設することを思い立つ。LRA(神の抵抗軍)からの執拗な攻撃に、やむを得ず銃を手にしたサムの活動は、必ずしも歓迎されるものではなかったが、自分を信じ、現在も彼はアフリカ各地で子どもたちを救い続けている。
主人公のサム・チルダースに扮するのはジェラルド・バトラー。一度はドロップアウトした人生に生きがいを見出し、アフリカの子どもたちのために精力的に活動する様を情熱的に体現し、その演技はキャリア最高との呼び声も高い。サムの活動を陰で支える妻・リンにはミシェル・モナハン、唯一の理解者である親友のドニーをマイケル・シャノンが演じている。

『チョコレート』(01)でハル・ベリーをアカデミー賞主演女優賞に導いた実力派監督マーク・フォースターが、再びオスカーに挑む、一人のの"衝撃"の半生記を描いた本作は、2月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次ロードショー致します。


出演:ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハン、マイケル・シャノン、キャシー・ベイカー、
スレイマン・スイ・サヴァネ、マデリーン・キャロル
監督・製作:マーク・フォースター 脚本:ジェイソン・ケラー 音楽:クリス・コーネル
原題:MACHINE GUN PREACHER/2011年/米/ドルビーDTS/シネマスコープ/カラー/35mm/PG-12
字幕翻訳・李静華
©Ilze Kitshoff ©2011 MGP Productions, LLC. All Rights Reserved.

配給:日活

2011年11月23日水曜日

「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE パブリックビューイング」 開催決定!



「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE パブリックビューイング」
開催決定!

忘れちゃいけない年の、忘れられないクリスマス。
豪華ゲストが贈るクリスマスライブを全国29会場で同時生中継!

12月23日(金・祝)〜25日(日)に国立代々木競技場第一体育館にて開催される「LAWSON presents MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE supported by スカパー!」のライブを全国29会場にて同時パブリックビューイング上映をすることが決定いたしました。

本ライブは、2011年いまだかつてない経験をした日本で、音楽を通じ新しい年への前向きなパワーを全国にお贈りしたいという思いから開催に至りました。レコード会社、音楽メディアの枠を超え、メッセージ発信力のあるアーティストが一堂に介す豪華イベントを、さらに全国の人々に届けるため全国の映画館をメインとしたパブリックビューイング(一部ディレイ中継)にて開催いたします。さらに、パブリックビューイング限定の特典映像も上映予定!


◆出演アーティスト

12月23日(金・祝)
藤巻亮太、キマグレン、九州男、lecca、ソナーポケット、
トータス松本、矢井田瞳…and more!

12月24日(土)
AKB48、BENI、Crystal Kay、FUNKY MONKEY BABYS、JUJU、KARA、
倖田來未、KREVA、きゃりーぱみゅぱみゅ…and more!

12月25日(日)
flumpool、FTISLAND、Hilcrhyme、JAY'ED、三浦大知、
NICO Touches the Walls、SHINee、SPYAIR…and more!


◆料金 全席/座席・日時指定 3,500円(税込)
◆時間 各日14:50開演   ※一部ディレイ中継会場は同日24:00開演

◆パブリックビューイング チケット発売
一般発売:11月27日(日)よりローソン店頭Loppi、ローソンチケット(http://l-tike.com)にて販売

◆配給:株式会社ローソンHMVエンタテイメント
◆主催:株式会社レコチョク
◆後援:MTV/MUSIC ON!TV/SPACE SHOWER TV
◆企画・制作:MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE実行委員会
◆オフィシャルサイト:http://www.musicforall.jp

2011年11月22日火曜日

12/3公開「ピザボーイ 史上最凶のご注文」今晩19時より

1月22日【渋谷】の街をピザボーイ達が奔走!!
宅配エリア外のスタジオへ"アツアツ"のピザを届けられるのか─!?
DOMMUNE PIZZA BOY NIGHT !!!!!

映画「ピザボーイ 史上最凶のご注文」が、宅配ピザ「ピザボーイ」とコラボ
史上初&史上最凶の「宅配ピザ注文対決」をUstream「DOMMUNE」にて生中継が決定!
http://www.dommune.com/?_u=118261628&_m=2682049&_t=f&_a=1&_h=AA8066BD64C22095C6B7DC027CB17277
http://pizzaboy-night.com/

----------------------------------------------------------------------------------

昨年数々の映画賞を受賞した『ソーシャル・ネットワーク』で大ブレイクし、今ハリウッドで最も注目を集める俳優、ジェシー・アイゼンバーグ。大ヒット映画『ゾンビランド』でタッグを組んだルーベン・フライシャー監督とのチーム再結成に加え、プロデューサーにはベン・スティラー、相棒役にはアメリカで超人気のコメディアン、アジズ・アンサリを迎えて新たなコメディ旋風を巻き起こす!

12月3日(土)の公開を控えた『ピザボーイ 史上最凶のご注文』が本日11月22日(火)、「Ustream」の超人気番組「DOMMUNE」をジャック!「DOMMUNE PIZZA BOY NIGHT」(ドミューンピザボーイナイト)を開催します。

このイベントは、東京都武蔵野地区を中心に宅配ピザのサービスを展開する「ピザボーイ」とタイアップし、本来は宅配のエリア外である渋谷のDOMMUNEスタジオより「史上最凶のご注文」を実際に受け、通常では考えられない宅配方法でピザボーイ武蔵境店から渋谷のDOMMUNEスタジオへ、ピザを届けるという史上初かつ史上最凶の注文対決!
番組では、渋谷を目指して奔走するピザボーイの配達員を徹底追跡するだけでなく、DOMMUNEスタジオには、ピザや映画に関係する様々なトークゲストを迎え、一夜限りのピザボーイナイトを盛り上げます。ピザの生地を自由自在に回すピザアクロバット世界チャンピオン赤荻一也氏の登場も必見!またUstreamやTwitterのソーシャルサービスを利用し、番組視聴者から史上最凶の注文対決に対するご意見や応援コメントを受け付ける「ソーシャルヘルプ」も実施し、参加者には映画鑑賞券のプレゼントも予定しています。
渋谷が、ピザと音楽と映画に染まる、史上最凶のライブイベント!

▼Ustream生中継「DOMMUNE PIZZA BOY NIGHT !!!!!」概要
番組名: DOMMUNE PIZZA BOY NIGHT !!!!! (ドミューンピザボーイナイト)
実施予定期間: 2011年11月22日(火)19時00分~24時00分 ※予定
番組UR: http://www.dommune.com/ ?_u=118261628&_m=2682049&_t=f&_a=1&_h=AA8066BD64C22095C6B7DC027CB17277
Twitterハッシュタグ: #PizzaBoyJP
MC: ブライアン・バートンルイス
トークゲスト: ガチンコ兄弟(ドリー・尾崎/テリー・天野)、コトブキツカサ、高橋ヨシキ、てらさわホーク
スペシャルゲスト: ピザアクロバット世界チャンピオン赤荻一也
DJ: BATHS(Anticon)、MOODMAN、HOME CUT、L?K?O
視聴環境: PCおよび一部のスマートフォン
注意事項: PCやスマートフォンのスペックによってはご覧いただけない場合があります。
    : 通信環境により視聴できないこともあります。
    : 生中継のため、番組内容は変更の可能性があります。
    : 天災などにより番組の中止や時間変更をする可能性があります。

▼宅配ピザ「ピザボーイ」
 東京都武蔵野地域を拠点にサービス展開している宅配ピザショップ。地元に根強いファンがおり、12月にはピザの新商品ローンチも控えている。毎週「水曜日」はピザボーイの日で、ピザ及びクレープが店舗持ち帰りであれば「30%OFF」となります。今回、映画「ピザボーイ 史上最凶のご注文」と同じサービス名という偶然をきっかけに、タイアップを展開することになりました。 【公式HP】 http://www.pizza-boy.co.jp/

▼映画「ピザボーイ 史上最凶のご注文」
ニック(ジェシー・アイゼンバーグ)はいつも30分という配達時間を守れないピザ屋のダメダメな店員。インド人の親友チェット(アジズ・アンサリ)とつるみ、怠惰な生活を送っていた。時同じくしてドウェイン(ダニー・マクブライド)とトラヴィス(ニック・スウォードソン)が犯罪を企てる。彼らはとある計画のためにお金を用意しなくてはならず、考える。自分たちの手を汚さず誰か他人に強盗させるには・・・。そこで"すぐに来る他人"でピンときたのが宅配ピザ屋。不運にもこの犯罪に巻き込まれ、10時間で爆発する時限爆弾を背負わされたニックはチェットに頼み込み、即席強盗タッグを組むことに。配達の時間もろくに守れないニックは時間内に強盗することに成功するのか!?タイムリミットが迫る中、警察、殺し屋、そして彼女まで巻き込んだ大騒動が勃発する!!数々の映画賞を受賞した『ソーシャル・ネットワーク』で大ブレイクした、今最もハリウッドで注目を集める俳優ジェシー・アイゼンバーグとルーベン・フライシャー監督が、ブラックユーモア溢れる"ダブル・バディ・コメディ"がお届け!

監督 ルーベン・フライシャー(ゾンビランド)
脚本 マイケル・ディリバーティ 
出演 ジェシー・アイゼンバーグ、アジズ・アンサリ、ダニー・マクブライド、ニック・スウォードソン
原題 30 Minutes or Less/PG-12 (2011年/米/82分/カラー/スコープサイズ/SDDS、ドルビーデジタル)
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
<公式HP> http://www.Pizza-Boy.jp/ 
<SNS> 【Facebook】 http://www.facebook.com/PizzaBoyJP 【Twitter】 http://twitter.com/PizzaBoyJP


12月3日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

板尾創路、衝撃の小説デビュー!! ノベライズ版「月光ノ仮面

2012年1月14日に公開となる板尾創路の第2回監督作品「月光ノ仮面」。
この衝撃作を、板尾創路監督が自らの手で小説化、映画公開1カ月前の12月14日に発売されることになりました。古典落語"粗忽長屋"を題材にした謎が謎を呼ぶ展開、そして衝撃的なラストに圧倒されるファンタジックなミステリー。文学の世界でも、誰も寄せ付けないシュールな板尾節が炸裂する作品です。

「月光ノ仮面」-------------------------------------------------------------------------------

【ストーリー】
昭和22年、先の大戦で戦死したと伝えられていた落語家が突然、帰郷した。<男>の名前は、森乃家うさぎ。戦前に人気・実力ともに認められた落語家だった。だが、かつての面影はない。顔面の大半が包帯で覆われていたうえに、一切の記憶を失っていたからだ。<男>は、かすかな記憶を辿るように、得意としていた演目"粗忽長屋"を虚ろな口調で呟くだけだった。<男>は、満月が輝くその街で暮らし始める。そして、婚約者だった弥生の支えで再び高座に上がり始めるなど、次第に立ち直っていく。そうしななか、ふいにもう一人の<男>=岡本太郎が帰郷してくる。二人の<男>の正体とは......。傷を負った二人の男と一人の女に衝撃の運命が襲いかかる。


【書籍情報】
著者・板尾創路
価格・1300円(税込)
仕様・ソフトカバー/四六判/232ページ
発行・ヨシモトブックス 発売・株式会社ワニブックス
ISBN978-4-8470-9041-7 C0074

---------------------------------------------------------------------------------------------


【板尾創路】
1963年、大阪府生まれ。130Rを結成後、バラエティ番組を中心に活躍。2000年以降は俳優として、映画に進出する。監督・脚本・主演の3役をこなした『板尾創路の脱獄王』(2010年1月公開)では第29回藤本賞新人賞、第19回日本映画批評家大賞新人監督賞の二冠を達成。2012年1月14日に監督・脚本・主演の第2弾作品『月光ノ仮面』が公開される。南こうせつとユニット「板尾こうせつ」を結成してCDをリリースするなど、ミュージシャンとしても活動。著書に『板尾日記』(1~6巻/リトルモア刊)がある。



【映画情報】
監督: 板尾創路「板尾創路の脱獄王」
脚本: 板尾創路、増本庄一郎
出演: 板尾創路、浅野忠信、石原さとみ、前田吟

製作:「月光ノ仮面」製作委員会
配給:角川映画
(c)2011「月光ノ仮面」製作委員会
第35回モントリオール世界映画祭出品作品  第三回沖縄国際映画祭出品作品

gekkonokamen.com

2012年1月14日(土)角川シネマ有楽町・シアターN渋谷他全国公開

2011年11月21日月曜日

日活創立100周年記念特別上映作品『幕末太陽傳 デジタル修復版』

2012年に日本最古の映画会社である日活が100周年を迎えます。数多あるライブラリーの中から、後の100年まで残したい1本として、日活及び川島雄三監督の代表作である『幕末太陽傳』をデジタル修復版として新たに完成させ、12月23日(金・祝)より劇場公開します。
10月1日より開催されたN.Y.映画祭では"Velvet Bullets and Steel Kisses: Celebrating the Nikkatsu Centennia"(ベルベットの銃弾、鋼のキス:日活100周年を祝して)と題された37作品にも及ぶ大々的な特集上映が行われ、本作は長谷部安春監督の『縄張(シマ)はもらった』とともに同特集のオープニングを飾り、「もう一度観たい!」という声も上がるほどの盛況振りでした。この特集上映は今後、ナント三大陸映画祭、シネマテーク・フランセーズと世界を巡回し来年夏に日本に凱旋帰国する予定です。また、本年度のTOKYO FILMeXでは「限定!川島パラダイス♪」と題された『幕末太陽傳』以前の川島雄三監督特集も英字幕付ニュープリントで上映されます。

****************************************

<映画『幕末太陽傳 デジタル修復版』作品概要>

時は幕末、文久2(1862)年。品川の地に北の吉原と並び称される岡場所があった
相模屋という遊郭へわらじを脱いだ主人公の佐平次は、勘定を気にする仲間三人
尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎ。実はこの男、懐に一銭も持ち合わせていないの
だが・・・。"居残り"と称して、相模屋で働くことにした佐平次は八面六臂(はちめんろっぴ)の大活躍! 
巻き起こる騒動を片っ端から片付けてゆく。自らの身に起こった困難をものともせず
滞在中の高杉晋作らとも交友を結び、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。
来る2012年に100周年を迎える日本最古の映画会社である日活。数多あるライブラリーの中から、後の100年まで残したい1本として、日活および川島雄三監督の代表作である本作をデジタル修復する作品に選んだ。撮影当時のスタッフが修復に携わることで、日本映画黄金期の勢いを感じさせる作品として生まれ変わった本作は、50年代のオールスター・キャストが織りなす、笑いあり涙ありの江戸の"粋"な心に触れる作品だ。
古典落語「居残り佐平次」を軸に、「品川心中」「三枚起請」など様々な噺を一本の物語に紡ぎ上げ、完成して54年、日本文化に多大なる影響を齎し続けている。

****************************************

出演:フランキー堺、南田洋子、左幸子、石原裕次郎、芦川いづみ
修復監修:橋本文雄、萩原泉 共同事業:東京国立近代美術館フィルムセンター 技術協力:IMAGICA、IMAGICAウェスト、AUDIO MECHANICS
1957年/110分/モノクロ/スタンダード/©日活 配給:日活 www.nikkatsu.com/bakumatsu

2011年11月19日土曜日

2011年11月17日木曜日

映画『恋の罪』テアトル新宿で全回立ち見の大ヒット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画でしか描けない、身も心もむきだしの女たち!壮絶な愛の地獄解禁!
『恋の罪』テアトル新宿で全回立ち見の大ヒットスタート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画『恋の罪』

本年度カンヌ国際映画祭を始め、世界中の国際映画祭で絶賛されている園子温監督最新作『恋の罪』が、11/12(土)よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国に19館にて公開され、テアトル新宿では朝から4回が全回立ち見となる、大ヒットスタートとなりました。
 本作は、90年代に渋谷区円山町ラブホテル街で起きたエリート女性殺人事件からインスパイアされた、美しき極上エンターテインメント。堕ちるほどにパワフルに光輝く生命力、"真に自由に生きること"を描いた、最上級の女性讃歌です。

初日は、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、TOHOシネマズ川崎にて、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、津田寛治、小林竜樹、園子温監督の舞台挨拶が行われ、満席のお客様を前に、園子温監督から「自分の映画の中で一番愛している」と渾身の一作に込めた熱い思いが語られ、女優3人からは、身も心もむきだしとなった究極の役作りと当時の壮絶な撮影現場が明かされました。
客層は、男女比7:3だが、前作『冷たい熱帯魚』に比べ、確実に女性層の拡がりを見せており、年齢構成は20代~シニアと幅広く平日に期待が持てるスタートとなりました。また、作品内容の衝撃度から早くもツイッターなどで口コミが拡がっており、リピーターにも期待ができます。今後、現在公開中の19館に加え、全国にて順次公開。

▼現在公開中の劇場
【東京】テアトル新宿 / ヒューマントラストシネマ渋谷 / シネ・リーブル池袋 / MOVIX昭島、【神奈川】TOHOシネマズ川崎、TOHOシネマズららぽーと横浜、横浜ブルク13、【千葉】京成ローザ10、【埼玉】MOVIXさいたま、【北海道】ディノスシネマズ札幌劇場、【愛知】名古屋シネマテーク / ミッドランドシネマ名古屋空港、【大阪】シネ・リーブル梅田、TOHOシネマズなんば、MOVIX堺、【京都】京都シネマ、【神戸】シネ・リーブル神戸、【福岡】KBCシネマ、シネプレックス小倉

▼12/23~公開劇場
【岡山】シネマ・クレール、【広島】サロンシネマ、【熊本】Denkikan、【沖縄】桜坂劇場

▼12/24~公開劇場
【宮城】フォーラム仙台 / チネ・ラヴィータ、【青森】シネマディクト、【大分】シネマ5

▼順次公開劇場
【千葉】ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典、【茨木】MOVIXつくば、【群馬】MOVIX伊勢崎、【青森】フォーラム八戸、【岩手】フォーラム盛岡、【秋田】ルミエール秋田、【山形】フォーラム山形、【福島】フォーラム福島、【長野】長野ロキシー、【新潟】ユナイテッド・シネマ新潟、【広島】シネマモード、【島根】T・ジョイ出雲、【山口】テアトル徳山、【愛媛】シネマサンシャイン大街道、【静岡】シネシティ ザード、【静岡】TOHOシネマズ浜松、【富山】TOHOシネマズファボーレ富山、【石川】ユナイテッド・シネマ金沢、【福井】福井メトロ劇場、【佐賀】シアター シエマ、【長崎】ユナイテッド・シネマ長崎、【宮崎】宮崎キネマ館、【鹿児島】鹿児島ミッテ10
(11月14日現在)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
監督・脚本:園子温
出演:水野美紀 冨樫真 神楽坂恵 児嶋一哉(アンジャッシュ) 二階堂智/小林竜樹 五辻真吾
   深水元基 内田慈 町田マリー 岩松了(友情出演) 大方斐紗子 / 津田寛治
製作:「恋の罪」製作委員会 配給・宣伝:日活 ©2011「恋の罪」製作委員会 koi-tumi.com
英題:Guilty of Romance/2011/日本/カラー/35mm/144分/DTR-SR/R-18 ★2011年カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品作品★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋
ほか全国にて大ヒット公開中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011年11月16日水曜日

『月光ノ仮面』

板尾創路、監督・脚本・主演で贈る無敵の第二弾作品降臨!
本年度モントリオール世界映画祭正式出品作品

初監督作品「板尾創路の脱獄王」で気鋭の映画作家として注目を集めた板尾創路―。
今度はかの有名な古典落語"粗忽長屋"を題材に、何人も寄せ付けない世界観を創造。
見事本年度モントリオール世界映画祭への出品も果たし、さらにパワーアップした
板尾ワールドはいよいよ国境を越える才能へと昇華しています。

舞台は戦後、昭和22年。戦死したと伝えられた男が帰郷、男の正体は人気・
実力ともに認められた落語家"森乃家うさぎ"。戦争で負った傷のため、顔を包帯で包み、
一切の記憶を失くしていた。だがかすかな記憶を辿るように、男は空ろな口調で、
得意としていた落語"粗忽長屋"をつぶやくのだった―。

演じるのは、アジアそしてハリウッドへと世界へ活躍の場を広げる俳優・浅野忠信、
「漫才ギャング」など可憐な魅力で幅広い支持を集める女優・石原さとみ、
ベテラン名優前田吟、そして驚きの文化人の特別出演まで、超一流の大物たちが集結。


---------------------------------------------------------------------------------------------


板尾創路  浅野忠信 石原さとみ 前田吟
國村隼 六角精児 津田寛治 根岸季衣 平田満 木村祐一 宮迫博之 矢部太郎 木下ほうか 柄本佑

監督:板尾創路  脚本:板尾創路 増本庄一郎
製作:「月光ノ仮面」製作委員会 配給:角川映画 (c)2011「月光ノ仮面」製作委員会

2011/日本映画/カラー/シネマスコープ/DTSステレオ/1時間42分

gekkonokamen.com

第35回モントリオール世界映画祭正式出品作品
第三回沖縄国際映画祭正式出品作品


2012年1月14日(土)
角川シネマ有楽町、シアターN渋谷 他全国ロードショー!

2011年11月15日火曜日

グッド・ドクター



公開日のお知らせ

〈妖精〉〈海賊〉〈公爵〉を経てオーリーが魅せる悪の研修医。
人の命を預かる病院を舞台に、身も心も凍りつく完全犯罪が今、静かに幕を開ける──。



良い医師になりたいと願う真面目な研修医が突然、暗い情熱に駆られて暴走を始めたら・・・?
オーランド・ブルーム製作・主演でおくる、戦慄の医療サスペンス映画が、ついに2012年1月21日(土)、日本公開いたします!

不安に満ちた研修医マーティン(オーランド・ブルーム)は、18歳の美しい患者ダイアン(ライリー・キーオ)の信頼を得て自信を取り戻し、ひそかに彼女を愛するようになる。
しかし彼女が快復して病院から去っていくことに耐えられず、点滴を巧妙にすり替えて病気を再発させるマーティン。
ダイアンの病状は悪化の一途をたどり、とうとう取り返しのつかない事態に陥る。
そして、ダイアンの日記帳をネタに脅迫を初める掃除係のジミー。
その執拗な脅迫から逃れ、自分の罪を永遠に闇に葬るため、ついにマーティンは医師として決して越えてはならない一線を越えてしまう──。

主演のブルームは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作でトップスターとなり、『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』では悪役バッキンガム公爵を魅力的に演じているが、脚本に惚れ込んだ本作では全く意外な犯人役に挑み、製作にも参加している。ダイアンにはエルヴィス・プレスリーの孫娘ライリー・キーオ。ベテラン看護師に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたタラジ・P・ヘンソン。掃除係に『クラッシュ』のマイケル・ペーニャ。刑事に『スパイダーマン』のJ・K・シモンズ。 監督はブルームが惚れ込んだアイルランド出身の気鋭、ランス・デイリー。


監 督:ランス・デイリー
キャスト:オーランド・ブルーム ライリー・キーオ J・K・シモンズ 
タラジ・P・ヘンソン マイケル・ペーニャ
2010/アメリカ/カラー/ドルビーデジタル/ビスタサイズ/97分
原題:THE GOOD DOCTOR
(C) 2010 Tesuco Holdings Limited. All Rights Reserved. 

www.good-dr.com


2012年1月21日(土) 銀座シネパトスほか全国順次ロードショー

2011年11月12日土曜日

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」



日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦い、
”ノルマンディー上陸作戦”にも参加した東洋人の奇跡の実話を基に映画化!
「ブラザーフッド」×「プライベート・ライアン」×「レッドクリフ」 スタッフが集結!!
【ドイツ軍目線で撮影された、”ノルマンディ上陸作戦”の特別20分間映像】が
世界最速で解禁 !!!

2012年1月14日(土)より全国公開の映画「マイウェイ 12,000キロの真実」。
本作は、1944年の“ノルマンディー上陸作戦”時に、ドイツ軍内から発見された実在の東洋人の物語を、「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が韓国映画史上最高の製作費25億円を掛けた感動作。
「プライベート・ライアン」「レッドクリフ」のスタッフを始めとする、世界16カ国のスタッフが集結した本作は、主演にオダギリジョーとチャン・ドンゴンを迎え、まさに世界プロジェクト規模で製作されました。


この映画は、全てを失った人間が再び希望を取り戻す物語です。
二人の男の姿を通じて、希望と夢をもらえる映画になると思っています。
──監督 カン・ジェギュ


【奇跡の実話の映画化に「ブラザーフッド」「プライベート・ライアン」
「レッドクリフ」が集結!!】

 1944年6月6日“ノルマンディー上陸作戦”。終了後にドイツ軍捕虜の中から、一人の東洋人兵が見つかった。連合軍の尋問を受けた彼が語ったのは、5年間12,000キロを日本、ソ連、ドイツの三ヵ国の軍服を着て極限状態を生き抜いてきたという物語だった。
  この物語を知ったカン・ジェギュ監督は、時代によって翻弄された二人の青年の感動と絆の物語を紡ぎ出した。極限状態の戦場の再現に、「プライベート・ライアン」「レッドクリフ」のスタッフが集結。決して邦画では実現できない大スケールの映像が活写された。
【1944年当時のノルマンディそっくりの浜辺で撮影された、
ドイツ軍目線の“ノルマンディー上陸作戦”】

 延べ地球一周分にもなるロケハンを重ね、当時のノルマンディーそっくりのラトビアの浜辺でクライマックスシーンが撮影された。これまでほとんど描かれてこなかった、完全なドイツ軍目線での描写は、新しい映画体験を贈ります。  

【韓国に先駆けて、世界最速で公開される映像】


映画史上最大のスケールで贈る 衝撃と感動の物語
5年間12,000キロの旅で気付いた生きる意味。
ラストに待ち受ける想像を絶する感動があなたの生き方を変える

<STORY>
 1928年日本占領下の朝鮮で日本人と朝鮮人の少年が出会った。境遇は全く違うが、走る事が好きな二人はマラソンでオリンピック出場を夢見た。しかし、時代は国籍の違う彼らの友情を許さなかった。運命のいたずらにより、彼らは日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦うことになる。アジアからノルマンディーまで12,000キロにも及ぶ戦いの中、全てを失っても生きる道を選んだのは何故か?そこには衝撃の事実と感動のドラマが隠されていた。
出演/オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲、鶴見辰吾、
山本太郎、佐野史郎、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン
監督/カン・ジェギュ (「シュリ」「ブラザーフッド」)
脚本/カン・ジェギュ、キム・ビョンイン、ナ・ヒョン
撮影/イ・モゲ(「悪魔を見た」「グッド・バッド・ウィアード」「オアシス」「ペパーミント・キャンディー」)
2011/韓国/シネスコサイズ/ドルビーデジタル
© 2011 2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET, ALL RIGHTS RESERVED
提供:CJ ENTERTAINMENT AND SK PLANET  配給:CJ Entertainment Japan/東映




映画「マイウェイ 12,000キロの真実」2012年1月14日(土)全国公開
myway-movie.com

2011年11月11日金曜日

映画『恋の罪』

園子温が描く最上級の女性讃歌 映画『恋の罪』
川島なお美、園子温の世界で開花した
親友・冨樫真の演技を大絶賛

<公開記念・女子会トークショー実施>




園子温監督最新作『恋の罪』が、11/12(土)より、テアトル新宿ほか全国にて公開いたします。本作は、渋谷区円山町ラブホテル街で起きたエリート女性殺人事件からインスパイアされた、園子温が大人の女性を描いた、美しき極上エンターテインメント。第64回カンヌ国際映画祭を始め、数々の国際映画祭で絶賛を受け、海外での上映も続々決定している話題作です。
昼と夜、別の顔をもつエリート助教授・美津子を熱演した主演女優・冨樫真と、3年前の舞台共演をきっかけに公私共に仲がいいという川島なお美さんが、友人にエールを送るためにトークショーに登場。女性限定試写会で美しき究極の女性讃歌『恋の罪』の魅力を語りました。

日時:11/8(火)11:30〜12:05
 場所:シネマート六本木 スクリーン4(港区六本木3-8-15)
 出席者:川島なお美(ゲスト)、冨樫真(『恋の罪』美津子役)



本作に主演した冨樫真さんと、以前から園子温監督作品のファンだという川島なお美さんは、3年前の舞台共演をきっかけに、友達の間柄。冨樫さんが美津子役を演じたことについて、「オーディションを受ける時からずっと応援していて、"絶対大丈夫!絶対受かるから!"と根拠のない自信で励まし続けてきました。この映画で素晴らしい演技を見せてくれたので、自分のことのように感激しました」とコメント。オーディション直前、舞台公演で一緒に地方にいたそうで、「関西で舞台を終え、皆でご飯を食べに行こうと言っていたら、彼女は "オーディションがあって監督の作品を観て台本も読まないといけないから、今日は漫画喫茶に籠ります!"と言って、私たちが飲んでる間に勉強していました。私は、"絶対に受かる気がするから、そのままでいいよ!"と送りこんだんです」と、役の決まるはるか前から、冨樫さんが真摯に役に向き合っていたことがうかがえる、友人だからこそ知りえるエピソードを披露。
その根拠として、「エリートOL殺人事件をモチーフにした作品だと彼女から聞いていて、私にとってものすごく脳裏に焼きついていた事件でした。その事件の持つミステリアスな部分、謎が解決していないドロドロしたところが、彼女の持つミステリアスさ、不思議さにピタっとはまっていると思ったんです」と、冨樫さんが美津子役を勝ち取ることを確信していたという。
昼の助教授と夜の全く異なる顔という二面性を持つ美津子という役柄について、冨樫さんは「これまで自分が持ってきたどんな引き出しを開いても埋まりきらない美津子という人間が目の前にいて、素っ裸になって体当たりで挑戦するしかない。下手な役作りはせずに、美津子が発する言葉や匂いという触感を大事にして、そこから生まれるもので勝負しようと思いました」と振り返り、川島さんは、「自分がもし普通の主婦でこういうことをしてしまったら人生の破滅に向かってしまうかもしれないけど、役の中でこういう人生を生きられるというのは幸せだと思います。女優冥利に尽きるということです」とコメント。また、3人の主人公で最も共感できるのは「美津子といずみかな。落ちれば落ちるほど輝いていくいずみと、転落を宿命のように背負った美津子の生き方、共感できます」とのこと。

本作によってあぶり出される"女性の持って生まれた業"、"転落願望"を実際に行動に移すか否かというボーダーラインについて、「女優って、仕事の中でそれができるんです。いつも台本を抱えていて自分ではない誰かの人生を背負っているので、仕事が終わってしまうと自分が不安定になるんですよね。いつも誰か他の女性が中にいた方が精神の安定を保てるんです。台本を抱えていない時の自分も、この映画の3人のように何かの願望を持ってしまうかもしれません。女性だったらあり得ると思います」という川島さんの言葉に深くうなずきながら、冨樫さんも「幸せだと思っていても、人間ってそれに慣れてしまうと欲望が出てきてしまうんです。危険なことであっても、人生に痛みを求めてしまいますよね」とコメント。川島さんも「女は子宮を持っていることで、月の満ち欠けもそうですけど、色んなことに支配されていると思います。それで普段の自分と全然違うことをしてしまったりとかあるでしょうし」と、さらに持論を展開。

川島さんといえばワインということで、『恋の罪』をワインに例えていただきました。
「ブルゴーニュワインは他のワインとは違って、性悪女のような魅力があるんです。飲む人を手玉に取ってコロコロ表情を変えていく。罪深き美味しいワインという意味では、"ヴォーネ・ロマネ"でしょうか」。

最後に、女性に向けてメッセージをいただきました。
冨樫さん「女性の生きる力強さ、女の色んな面を垣間見られる映画だと思います。自分の中の欲望をむき出しにして観て欲しいです」
川島さん「3人の女性が恐ろしいほど輝いています。人が一生懸命、むきだしになって死に物狂いで生きようとしている姿はなんて美しいんだろうと思います」

監督・脚本:園子温
出演:水野美紀 冨樫真 神楽坂恵 児嶋一哉(アンジャッシュ) 二階堂智/小林竜樹 五辻真吾 深水元基 内田慈 町田マリー 岩松了(友情出演) 大方斐紗子 / 津田寛治
製作:「恋の罪」製作委員会 配給・宣伝:日活 ©2011「恋の罪」製作委員会 koi-tumi.com
英題:Guilty of Romance/2011/日本/カラー/35mm/144分/DTR-SR/R-18
★2011年カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品作品★

11/12(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー!


2011年11月10日木曜日

『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』



2012.1.21(土)、初日決定!
有楽町スバル座ほか全国ロードショー

Mr.ビーンのローワンアトキンソンが、ジェームズ・ボンドに挑戦状!!
" 天災的"スパイ、遂に日本上陸!!!

 イギリスの天才コメディアン"Mr.ビーン"ことローワン・アトキンソンがMI7の諜報員ジョニー・イングリッシュに扮するスパイ・コメディの第二弾「Johnny English Reborn」の邦題が『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』と決定し、2012年1月21日より全国公開される運びとなった。
 日本では、R・アトキンソン作品としては「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」以来の新作。Mr.ビーン製作チームが手掛ける4年ぶりの作品となる。

世界33カ国でオープニング1位を獲得!(10/25現在、地域含む)

 本国イギリスをはじめ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ3大陸主要33ヶ国にてオープニング成績1位を獲得。公開後も好ランクをマークし、R・アトキンソン作品としては異例の大ヒットを記録。今後も順次世界各地での公開が予定されている。

★今度の<ジョニー・イングリッシュ>スパイ大作戦は??

 今回イングリッシュに課せられたミッションは中国首相の暗殺を阻止すること。世界中に張り巡らされた陰謀に、ボンド張りのデキる男(??)になって立ち向かう! さらに劇中には007シリーズに負けるとも劣らない秘密兵器が次々登場!
前作から笑い&スパイレベル、すべてが格段にスケールアップ!! 

<作品スタッフ&キャスト>
監  督 :オリヴァー・パーカー「オセロ」
脚  本 :ハーミッシュ・マッコール「刑事ジョーママにお手上げ」「ツインズ」「ヒックとドラゴン」
製  作 :ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」
出  演 :ローワン・アトキンソン「Mr.ビーン」
       ジリアン・アンダーソン「Xファイルシリーズ」
全米公開 :7月29日
公式サイト:je-kiyasume.jp



2012.1.21(土)より 有楽町スバル座ほか全国ロードショー

2011年11月9日水曜日

「007 スカイフォール」

007最新作タイトル決定!!
「007 スカイフォール」(原題)
日本では2013年お正月映画に決定!!
---------------------------------------------------------------------------------

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド待望の第3作が、スクリーンに帰ってくる!!

 全世界で愛されている世界最長シリーズ作品である007シリーズ。2008年10月に全米で公開され、
日本では2009年1月にお正月映画として公開されたダニエル・クレイグ主演2作目の「007慰めの報酬」から3年。
3作目となる最新作のタイトルがイギリス・ロンドンのコリンシアホテルで現地時間11月3日正午頃(日本時間:11月4日午後9時頃)に発表されました。

 新タイトルをバックにジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、メインボンドガールとしてイギリスからナオミ・ハリス、
フランスからベレニス・マローン、悪役のアカデミー賞俳優ハビエル・バルデム、アカデミー賞監督サム・メンデス、
プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリが一同に会し、会見を行いました。

 キャストにはこのほか、レイフ・ファインズ、アルバート・フィニーらイギリスが誇る演技派も出演が決定していると発表されました。
 この日、全世界に最新作のタイトルは『007/スカイフォール』(原題)と発表され、同時に今日までさまざまなうわさが飛び交っていた
監督、悪役、ボンドガールなどの主要スタッフ、キャストが明らかになりました。

 
▼公式フェイスブック
http://www.facebook.com/007Japan

2012年12月1日TOHOシネマズ日劇ほかお正月ロードショー!

2011年11月8日火曜日

スピルバーグ監督最新作『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』



スピルバーグ監督最新作『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』が日本・全米に先駆け、ヨーロッパ各国で公開され、ヨーロッパ各国で見事なオープニング記録(10/28-10/30の3日間)を樹立している。フランスでは、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』の180%、『レミーのおいしいレストラン』『アリス・イン・ワンダーランド』の150%、『スパイダーマン』の 141%。またタンタンの生まれた国・ベルギーでは、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』の152%、「トイ・ストーリー3」の500%、「シャーロック・ホームズ」の 400%、「スパイダーマン3」の156%で169スクリーンで脅威の$2.1Mを稼いだ。そのほかヨーロッパ19カ国で公開となり、10月29,30日の週末の成績が上記2カ国以外のイギリス、スペイン、ドイツ、スウェーデン、スイス、デンマーク、オランダ各国で初登場No1を獲得!
 フランスの公開初日興収としては『スパイダーマン』『パイレーツ・オブ・カリビアン1&4』『ロード・オブ・ザ・リング』作品、そして全てのスピルバーグ作品を上回る数字。『ハリー・ポッターと賢者の石』を上回ることとなり、『アバター』に続きシリーズ映画としては最大のオープニング成績を記録している。
 「タンタン」の認知度が一番高いヨーロッパと言えど、スピルバーグ監督作品の新しい時代の幕開けを証明する数字となっている。
 *MOVIELINE調べ
 映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』は、12月1日、日本公開となり、12月21日全米公開となる。

<各国の映評>
 「ピーター・ジャクソンとスピルバーグのタッグは、3Dの可能性を絶妙に引き出すアクションシーンを作り出した。まるで生身の人間が演じているみたいだ」 (米Variety誌)
 「アクション満載でゴージャス。スピルバーグは、エルジェが作り出した『タンタン』の世界を映像化できる唯一の監督だ!」(英Empire誌 Online)
 「たとえて言えば『ジュラシック・パーク』以来のファミリームービーの楽しさを持った傑作。今年公開された映画の中で、最も愉快で爽快な超大作だ」(英Time Out London誌)
 「魅惑的な冒険を伝えるため最先端の技術が使われているが、大事なのは技術が物語本来のおもしろさ損ねていないこと」 (米Entertainment Focus)


監督:スティーヴン・スピルバーグ(『ET』 『インディ・ジョーンズ』シリーズ)
製作:スティーヴン・スピルバーグ、ピーター・ジャクソン
脚本:スティーヴン・モファット、エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ 
出演:ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト
原案:「タンタンの冒険」作/エルジェ(福音館書店刊)  
オリジナル・サウンドトラック:ソニー・ミュージックジャパン
ジュニア・ノベル:角川書店刊

2011年11月7日月曜日

『Tower Heist』 邦題決定のお知らせ



今週末(11/4)より北米公開される、ベン・スティラー、エディ・マーフィ初競演のエンターテインメント大作『Tower Heist』(原題)の邦題が、『ペントハウス』に決定した。本作はNY・マンハッタンの超高級マンション"ザ・タワー"を舞台に、最上階のペントハウスに住む大富豪から全財産を騙し取られたタワーの使用人たちが、財産を取り戻す為に難攻不落のペントハウスに潜入する、ゴージャスでクレイジーなアクション・エンターテインメント。
 来年2月に行われる第84回アカデミー賞授賞式の司会にも決定しているエディ・マーフィは、本作でプロデューサーも兼任。強烈すぎる個性と才能が融合し、予測不能にして制御不能なストーリーがノンストップで展開される。

■原題: Tower Heist
■全米公開:2011年11月4日
■日本公開:2012年 お正月第二弾 
■監督: ブレット・ラトナー 「ラッシュアワー」シリーズ
■脚本: テッド・グリフィン 『オーシャンズ11』/ジェフ・ナサンソン 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
■出演: ベン・スティラー 「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズ、「ナイト・ミュージアム」シリーズ
     エディ・マーフィ 「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズ、『ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合』、『ドクター・ドリトル』、『48時間』
     ケイシー・アフレック 「オーシャンズ」シリーズ、『グッド・ウィル・ハンティング/ 旅立ち』
     アラン・アルダ 『アビエイター』、『ホワイトハウスの陰謀』
     マシュー・ブロデリック 『ウォー・ゲーム』、『ケーブル・ガイ』
     ティア・レオーニ 『ジュラシック・パーク III』、『ディープ・インパクト』
     ガボレイ・シディベ 『プレシャス』 ※第82回アカデミー主演女優賞ノミネート

■公式HP:penthouse-movie.com

2012年お正月第2弾 TOHOシネマズ有楽座 ほか全国ロードショー

映画『マネーボール』

映画『マネーボール』facebookページのご案内

┏ 野球チームを作って友達と対戦!オリジナルアプリ
┗ My "マネーボール"チーム

   ┏ あなたの感動に「いいね!」を─。
   ┗ 『マネーボール』"11の感動"

↓↓映画『マネーボール』facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/Moneyball.JP
------------------------------------------------------------------------------

11月11日(金)に公開となる映画『マネーボール』は、メジャーリーグに実在する名GM(ゼネラルマネージャー)の半生を描いた感動作。ブラッド・ピットはデータ統計を活用した常識破りの「マネーボール理論」で貧乏球団オークランド・アスレチックスを常勝軍団へと変貌させたビリー・ビーンの生きざまを熱演しています。公開を前に、本作のfacebookページも本格化!自分の野球チームを編成し対戦も出来るオリジナルfacebookアプリ「My "マネーボール"チーム」、また本作の持つたくさんの感動の要素を紹介し、ユーザーからの共感「いいね!」を寄せていただく「11の感動」が始まりました。
┌──────────────────────────────────────
│オリジナル野球チームを作って友達と対戦!
│My "マネーボール"チーム
└──────────────────────────────────────
《アプリ名》
映画『マネーボール』 myマネーボールチーム facebookアプリ

《URL》(PCのみ)
https://apps.facebook.com/mymoneyballteam/
1. 上記URLにアクセス。
2. アプリを許可すると作成画面が開き、チームに好きな名前を付けたり、攻撃力・投手力・機  
動力といった重視するポイントを選ぶことができます。
3. facebookのアクティビティを分析して自動的にチーム完成!
シェアして友達にお披露目しましょう。
4. その後友達のチームとの対戦も可能です。
  ※友達がチームを作成していれば対戦する事ができます。作成していない場合は招待したり、CPUチームとの対戦が可能です。
5. 対戦をすると試合終了後、翌日のオリジナルのスポーツ新聞を見ることができます。こちらもウォールにシェアして自慢しましょう!

┌──────────────────────────────────────
│あなたの感動に「いいね!」を─。
│『マネーボール』"11の感動"
└──────────────────────────────────────
11月11日(金)公開の映画『マネーボール』にはたくさんの感動の要素があり、観る方によって感動するポイントは人それぞれ。その中でも11の要素をピックアップし、バナーを展開。本作facebookページではその一覧をご覧いただけます。

《URL》(PCのみ)
https://www.facebook.com/Moneyball.JP?sk=app_203472606378816

小さな歌声は大きな勇気へ─「娘」編   その出会いが常識を変えた─「相棒」編
不可能をも覆す─「寄せ集めのチーム」編  強い絆─「チームワーク」編
新しい常識は新しい未来を創る─「理論」編  信じる思いが起こしたもの─「奇跡」編
その奇跡は現実─「実話」編   ゆるぎない決意こそが勝利へと繋がる─「決意」編
リスクだらけの逆境にひるまない気持ちが新しい扉を開く─「逆境」編
成功の本質を描く本当のドラマ─「実力派スタッフ&キャスト」編
最高の演技。誰しもが惚れずにいられない─「ブラッド・ピット」編


------------------------------------------------------------------------------
『マネーボール』http://www.Moneyball.jp
11月11日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
------------------------------------------------------------------------------
『ソーシャル・ネットワーク』の製作陣がメジャーリーグを舞台に贈る 感動の実話!
貧乏で弱小チームを独自の"理論"で変えたGMの生きざまをブラッド・ピットが熱演!

出演: ブラッド・ピット/ジョナ・ヒル/フィリップ・シーモア・ホフマン(『M:I III』、『カポーティ』)/ロビン・ライト(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)
脚本: アーロン・ソーキン(『ソーシャル・ネットワーク』)&スティーブン・ザイリアン(『シンドラーのリスト』) 
監督: ベネット・ミラー(『カポーティ』)
原題:Moneyball

2011年11月5日土曜日

『アーサー・クリスマスの大冒険』“アーリークリスマスキャンペーン”

『アーサー・クリスマスの大冒険』
11月23日(水・祝)、丸の内ルーブルほか全国ロードショー!!

http://www.livlis.com/campaign/201110/

------------------------------------------------------------------------------

「どこかの誰かが欲しいものは、どこかの誰かがあげたいものかもしれない」
~クリスマスに「欲しいもの」と、クリスマスに「あげてもいいもの」2つの「想い」を繋げるキャンペーンをスタート~

2011年11月23日(水・祝)公開の映画『アーサー・クリスマスの大冒険』。ウエンツ瑛士さんが主人公アーサーの日本語吹替を担当することでも話題の本作ですが、その公開に先がけて、Twitter(ツイッター)のユーザーが、普段よりも1ヶ月早くクリスマス気分を味わえる「アーリークリスマスキャンペーン」を、2011年11月1日より開始しました!

このキャンペーンは、昨今注目されているソーシャル・クラシファイドサービス「Livlis(リブリス)」(*1)を活用した、国内初(*2)のプロモーションとなります。自分の「欲しいもの」や「あげたいもの」を登録しておくことで、お互いの希望にあった商品を無料で取引できる「Livlis(リブリス)」を、2011年11月1日より、アーサー・クリスマスの大冒険が「クリスマス仕様」にジャック。そして、今年のクリスマスに「欲しいもの」と、クリスマスに他の人に「あげてもいいもの」を募集する「場」を提供し、少しだけ早いクリスマス(アーリー・クリスマス)を楽しんでもらうという史上初(*2)の試みです。映画『アーリー・クリスマスの大冒険』も映画に関係する商品(*3)をクリスマスプレゼントとして提供し、この「アーリークリスマス」に参加します!

このキャンペーンでは、高額な商品やプレゼントを消費者の皆さまに提供するのではなく、「どこかの誰かが欲しいものは、どこかの誰かがあげたいものかもしれない」というコンセプト(*4)に基づき、「ほしい」ものと「あげたい」ものを、ネット上で結びつける「Livlis(リブリス)」というサービスで、「Twitter(ツイッター)」を通じた情報交換・拡散(*5)させてゆくというソーシャルキャンペーンとなっております。

※1 Livlis(リブリス)は株式会社kamadoが運営するソーシャル・クラシファイド サービスの名称です。
※2 Livlisと映画配給会社との取り組みとして「国内初」「史上初」という表現を使用しております。
※3 プレゼント内容および提供方法は事前開示を行わず、キャンペーンを通じて告知しますので予めご了承ください。
※4 当キャンペーンのコンセプトでありLivlis(リブリス)および株式会社kamadoの定めるコンセプトではありません。
※5 自動的(スパム的)に拡散するという意味ではなく、企業ではなく消費者が話題を拡散するという定義です。

▼アーリークリスマスキャンペーン概要
実施予定期間 : 2011年11月1日(火)12時00分~11月30日(水)17時59分予定
キャンペーンURL : http://www.livlis.com/campaign/201110/
参加条件 : Twitter(ツイッター)のアカウントおよびログインが必要です。
プレゼント内容 : アーサー・クリスマスの大冒険が提供するプレゼント内容はキャンペーン開始後にページ内で告知します。
当選連絡方法 : Livlis(リブリス)の提供する「取引ナビ」というサービスを通じて行い、個人情報の取得はキャンペーン内で致しません。

キャンペーン参加フロー
: ①アーリークリスマスキャンペーンのサイトへアクセス。
: ②ご自身がお持ちの使っていない(=あげてもよい)物品を「あげるリスト」に登録。
: ③登録された物品を気に入った人が「欲しい」と立候補。
: ④欲しい人の中から「誰に」あげるかを物品の出品者が選択。
: ⑤出品者は「あげる人」を決定し、Livlis(リブリス)の中で「取引ナビ」を通じて連絡。
: ⑥取引ナビにて「あげる人」と「もらう人」が物品の受け渡し方法を協議して物品の提供を行う。


▼Livlis(リブリス)
オンラインのソーシャル・クラシファイド サービスで、Twitter上でも出品されている商品の情報を取得することができる。読んだ書籍や思い出の品など、モノを中心に人間関係を広げることができる新しいソーシャル・ネットワーキング サービスで、2010年12月開始以来、現在4万人が3万点の商品を出品中。 http://www.livlis.com/

------------------------------------------------------------------------------
『アーサー・クリスマスの大冒険』http://www.Arthur-Christmas.jp/
------------------------------------------------------------------------------
11月23日(水・祝)、丸の内ルーブルほか全国ロードショー!!
すべての子供が不思議に思っている疑問、「サンタさんはどうやってクリスマスプレゼントを世界中の子供たちに一晩で配れるの?」 実は北極の氷の下にオペレーションセンターがあり、100万人の妖精たちが超ハイテクグッズ、超ハイ テク"そり"を用いて、世界中の子供たちにプレゼントを届けていたのだ。しかし、やはりどんなハイテクにも落とし穴が あり......。世界中の子供のうち、たった1人にプレゼントを配達できなかったことが、サンタと彼の超エリートの息子スティーブには「仕方ないミス」だった。しかし末っ子のアーサー・クリスマスにはこのミスは耐えがたいものだった。クリスマスの夜が明けるまでの2時間で、彼は地球の反対側にある子どもの家にプレゼントを届けることを決意する。果たして彼は無事にプレゼントを届けることができるのだろうか!?
『ウォレスとグルミット』の名門アードマン・アニメーションズとソニー・ピクチャーズ アニメーションが想像を絶するサンタの秘密を、3D映像で届けるクリスマス・ファンタジー!

監督:バリー・クック&サラ・スミス
脚本:ピーター・ベイナム&サラ・スミス
アーサー(日本語版吹替):ウエンツ瑛士
全米公開:2011年11月23日 原題:ARTHUR CHRISTMAS ※3D・2D同時公開/吹替え版のみ上映

2011年11月4日金曜日

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』



遂に公開!伝説よりもハデに!
  3Dでの上映が大人気、「すごい迫力!」と大好評の声!
この秋注目の話題作、34億に向けて、大ヒットスタート!

『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督により新しく生まれ変わった「三銃士」を描く、映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 (ギャガ配給)が、10月28日(金)に全国721スクリーンで公開され、公開後の 週末3日間で、興行収入3億73,261,800円、観客動員数25万6,558人を記録しました。3週連続首位に 君臨していた『猿の惑星』を押さえ、同週末公開の三谷幸喜監督最新作『ステキな金縛り』に続き週末の興行動員ランキング(9大都市)第2位の大ヒットスタートをきりました。  

【HIT POINT】  
競合作揃いの中、伝説よりもハデに!
<34(サンジューシ)億>に向けて大ヒットスタート!

金曜日初日の数字は、 51,620人/71,066,800円でギャガ配給作品『オーシャンズ』127%の好調スタート。その後、土曜日には大人の映画ファンを中心に、特にカップルでの来場が目立つ中、夜の興行まで順調に盛り上がり、翌日曜日は、土曜日対比で117%の成績となるなど、加えてのファミリー層の来場によって、更なる盛り上がりをみせました!特に3Dでの上映に人気が集まり、観終わった観客からは「すごい迫力で、3D映像に圧倒された!」など、大興奮の声が集まっております。ミラ・ジョヴォヴィッチやオーランド・ブルームがオススメできる「子供も楽しめるファミリー向け冒険映画」として、監督初のファミリー向け代表作としても期待できます。


『三銃士』全国成績速報
  10/28(金)動員: 51,620人/興収: 71,066,800円(オーシャンズ対比:127%)
  10/29(土)動員: 94,960人/興収: 138,980,400円
  10/30(日)動員: 109,978人/興収: 163,214,600円(土曜日対比:119%)
  【土日計】動員: 204,938人/興収: 302,195,000円
  【金-日計】動員: 256,558人/興収: 373,261,800円
決戦は空へ!最強の敵、最高のバトル。『バイオハザード』の監督の手で3D超大作へと生まれ変わった新『三銃士』を目撃せよ!
名誉ある騎士の称号である“銃士”に憧れ、パリを訪れた青年ダルタニアン。彼は、運命のいたずらからフランス最強の三銃士と出会い、やがて、王室を揺るがす巨大な陰謀へと巻き込まれていく。王妃との「秘密」を握るイギリスの貴族バッキンガム公爵と、正体不明の美女ミレディの黒い影が立ちはだかる中、彼らは、フランスを、そして世界を救うことが出来るのか。誰も知らない伝説が、今、幕をあける──!


■監督   ポール・W・S・アンダーソン 『バイオ・ハザードIV アフターライフ』
■脚本   アンドリュー・デイヴィス 『ブリジッド・ジョーンズの日記』シリーズ
■キャスト ローガン・ラーマン『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』
       オーランドブルーム 『パイレーツ・オブ・カリビアン』
       ミラ・ジョヴォヴィッチ 『バイオハザード』シリーズ
       クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
■公式サイト  34.gaga.ne.jp
■コピーライト © 2011 Constantin Fi

2011年11月3日木曜日

スノーホワイト



2012年、白雪姫の伝説に 斬新な映像と予想外の新展開を注ぎ込んだ
驚異のアクション・アドベンチャー超大作、ついに誕生!

 子供から大人まで多くのファンを持つ名作グリム童話の「白雪姫」を基に、人気ゲーム「Halo 3: Believe」のCMでカンヌ広告祭のグランプリの受賞経験もある、CMディレクター ルパート・サンダースが、これまでの白雪姫のイメージを一新させたアクション・アドベンチャー大作を完成させました。王子様を待つだけのかわいい姫ではなく、悪魔の女王に立ち向かう"戦うスノーホワイト"を主人公に壮大な世界観が描かれています。また衣装デザインを『シカゴ』『SAYURI』『アリス・イン・ワンダーランド』でアカデミー賞衣装デザイン賞に輝いた"服の魔術師"コリーン・アトウッドが手掛けることにより、スノーホワイトの力強さがより引き立つ映像となっています。
 主人公スノーホワイトには、『トワイライト』シリーズで絶大な人気を誇るクリステン・スチュワート。また悪魔の女王には、オスカー女優のシャーリーズ・セロン。このほかに、『マイティ・ソー』で主人公ソーを演じたクリス・ヘムズワース、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のサム・クラフリンという若手イケメン 俳優たちが顔を揃えます。
 本作の邦題が決定いたしました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
原題: 『SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN』
邦題: 『スノーホワイト』
日本公式サイト snowwhite-movie.jp  (近日up予定)
オリジナル公式サイト www.snowwhiteandthehuntsman.com
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■スノーホワイト とは・・・■
 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。しかし、スノーホワイトは女王の策略の裏をかき、狩人から闘いの戦術と生き抜く術を教わるのだった。

キャスト:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン
監督:ルパート・サンダース 脚本:エヴァン・ドアティ 
製作:ジョー・ロス、サム・マーサー 衣装デザイン:コリーン・アトウッド
(c) 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

2011年11月2日水曜日

カンパリ、2012年カレンダーを発表


カンパリ、2012年カレンダーを発表
‘It’s the end of the world, baby’
2011年10月27日(木) - イタリア、ミラノ
本日カンパリ社は2012年カンパリカレンダーに採用される写真を発表。ミラノでの限定イベントにて、カレンダーに登場する国際的スーパーモデルであるミラ・ジョヴォヴィッチさんが写真家ディミトリ・ダニロフ氏、カンパリグループCEOのボブ・クンツェ-コンチェヴィッツ氏とともに2012年カレンダーを披露しました。

「It's the end of the wolrd, baby!」と名づけられた本カレンダーは「2012年12月21日に世界は破滅し、改革の時代がやってくる」という古代マヤ文明の言い伝えにインスピレーションを得ています。カンパリはこの興味深い仮説をポジティブに受け止め、それらをハリウッドスターでありスーパーモデルのミラ・ジョヴォヴィッチさんを主役に力強い写真で表現しました。


このイベントはミラノのVisonnaire Design Galleryを豪華なカンパリバーに仕立て上げ、開催されました。

2011年11月1日火曜日

【速報】『ドラゴン・タトゥーの女』、H&Mとコラボ!

敏腕コスチュームデザイナー、トリッシュ・サマーヴィルがH&Mと生み出す、
"ドラゴン・タトゥーの女"コレクション

今年最も待ち望まれている映画のひとつである、デヴィッド・フィンチャー監督作品『ドラゴン・タトゥーの女』で衣装を担当しているのは、コスチュームデザイナーであるトリッシュ・サマーヴィルです。そしてこれを祝し、トリッシュ・サマーヴィルはH&Mのためにレディースコレクションを創り上げました。すべてのアイテムは、この映画のアンチヒロインであるリスベット・サランデルにインスパイアされています。30アイテムからなるこのコレクションには、リスベットの特徴であるダークな都会の感覚が漂います。レザージャケットヤトラウザーズ、クラッシュド加工のジーンズやルーズなシルエットのフーディは、すべてブラック、グレー、ユーズド感の出ているホワイト、ダークレッドのインダストリアルな色調です。このコレクションはパリのコレットにて、11月28日より店内特設コーナーにて特別に先行発売を致します。コレクションは12月4日より、世界約180店舗のH&Mストア内DIVIDEDコーナーにて発売予定です。

「リスベット・サランデルのルックは、あのキャラクターが長い間着ていたアイテム、たとえば彼女を外界から守る鎧としての役目を果たすジャケットのように、とてもリアルで愛着を感じさせるものです。私はこのコレクションは、ファッションのエッジをきかせた、サランデルの本質と強さを表現したものにしたいと思いました。このコレクションに非常に満足しています!私の目標は、女性たちにお気に入りアイテムを見つけてもらい、自身の持っているワードローブとミックスすることで、自分らしいスタイルを作り出せるようなコレクションを創ることです」と、『ドラゴン・タトゥーの女』のコスチュームデザイナー、トリッシュ・サマーヴィルは語ります。
「私はこのコレクションを、そしてトリッシュと一緒に私たちが作り上げたものを大変気に入っています。トリッシュは驚くほど素晴らしいセンスを持っていて、とても明確で強いビジョンを持っています。服は、アティテュードがすべてです. たくましさを備えながらも、本当に着る人を際立たせます。このコレクションは、本当に服を超えたものになっています . これはファッションで自己主張ができ、モダンであり、今着るのに最適に仕上がっています」と、H&MDIVIDEDのデザイナー、アンナ・ノーリングは語っています。リスベット・サランデルには象徴的なスタイルがあります。スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』3部作に登場するようなバイカー風のレザー、ダメージ加工デニム、フーディです。このクリスマスには、この3部作の最初の書籍『ドラゴン・タトゥーの女』の映画版(英語)がデヴィッド・フィンチャー監督によりリリースされます。フィンチャー監督は、都会的で勇気があるストリートファッションを思い描いたリスベットのルックを再現するために、著名なコスチュームデザイナー、トリッシュ・サマーヴィルを呼び寄せました。多数の映画に携わり、ミュージシャンや俳優のスタイリングを手がけてきた彼女の仕事に感謝します。トリッシュは今では、今年の冬のストリートでのスタイルを決定づけると共に、H&Mでのルックにインスピレーションをもたらしています。サランデルのルックは、個性とサバイバル感がすべてです。トリッシュとH&M DIVIDEDのコラボレーションは、この彼女の精神を反映しています。レザーのレーシングジャケットは仕立てが良く、布地をつまんでボディを保護するように作られています。フード付きのウールコートには、ボディを包み込む斜めのジッパーがあしらわれ、カーディガンはフロント部分にドレープが入り、街で着る際に着心地の良さをもたらします。タイトなシルエットの機能的なレザー、もしくはユーズド加工のデニムパンツはいずれもスキニーで、デニムのミニスカートはまるで手で直接施したようにラフにカットされています。ジップアップフーディはミックススタイルに欠かせない一方で、ハンドペイントしたフラッグやスクロールした文字がプリントされたTシャツは、モノクロが多いコレクションの中に鮮やかさをプラスしています。アクセサリーは、ニットのスヌードであろうと、完成型させるのはブーツ。たとえば、くずしたバックパック、あるいはトライバルなイハイカットスニーカー、都会的なプラットフヤリングであろうと、このルックにはォームウェッジ、あるいは絶対必要です。そしてスタイルを履きこんだような印象を完璧に再現したかのようなレザーブーツです。

"ドラゴン・タトゥーの女"コレクション展開予定店舗
H&M HARAJUKU /H&M SHIBUYA /H&M SHINJUKU /H&M EBISUBASHI 2
プレス画像につきましては、hm.com/pressをご覧下さい。

2011年10月31日月曜日

「QUEEN Rock Montreal cinesound ver.」

ファンの熱きラブコールうけ、東北の映画館でも追加公開決定。
震災後の日本を勇気づけた名曲「Teo Torriatte(手をとりあって)」特別上映!
クイーンのフレディ・マーキュリー、魂の歌声が日本へエールを送るライブ映画『Queen Rock Montreal cinesound ver.』フレディに捧ぐ―メモリアルイベント 詳細決定!

1991 年11 月24 日(日本時間25 日)、世界と日本に大きな衝撃が走ったクイーンのフレディ・マーキュリーの死から今年で20 年。その命日を前に、11 月19 日(土)よりクイーン全盛期のライブ映画『Queen Rock Montreal cinesound ver.』が公開し、その上映とともに実施する"フレディに捧ぐ―メモリアルイベント"詳細が決定しました!

まず、結成40 年、フレディ没後20 年のダブルメモリアルイヤーならではのファン参加型イベントとして全国の劇場にて本作鑑賞のお客様全員に「メモリアルサイン」用紙を配布。フレディへの思い、感謝の言葉などを綴ってもらい、それらをまとめて、後日フレディが眠るイギリスの自宅に届ける企画を実施します!最近でもTVCMに曲が使用され、再注目されたクイーン。日本のファンの思いを天国のフレディに届けます。
またライブ本編上映後には、名曲『Teo Torriatte(手をとりあって)』の映像を特別上映することが決定!
「手をとりあって、このまま行こう、愛する人よ~」と日本語で歌われ、ファンの間でも人気が高いこの曲は今年の東日本大震災後、被災地にエールを送る曲として、ラジオにリクエストが多く集まったことでも知られています。世界のアーティストによるチャティーアルバム『SONGS FOR JAPAN』にもクイーンの希望により収録、過去の日本公演でも度々演奏された曲もあり、ライブ会場さながらの大合唱となること間違いなし!

さらに今回の上映決定発表後、全国の多くのファンから、「ぜひ東北での上映を実現してほしい」「フレディの歌声で被災地にエールを」との問い合わせが配給会社や劇場に殺到し、急遽、東北(宮城:ワーナー・マイカル・シネマズ名取エアリ、福島:ワーナー・マイカル・シネマズ福島)での上映劇場も追加決定となりました!

全国のスクリーンから『Teo Torriatte(手をとりあって)』と、フレディの歌声が日本にエールを送ります!


クイーン・ロック・モントリオール QUEEN ROCK MONTREAL cinesound ver.とは?
「We Will Rock You」、「ボヘミアン・ラプソディ」、「We Are The Champion」などの数多くのヒット曲を放ち、全世界で愛される
イギリスのロックバンド・クイーンの1981 年11 月24 日、25 日 モントリオールフォーラム(カナダ・モントリオール)でのライブを収録。当時撮影した35mm フィルムを、クイーンのギタリストでもあるブライアン・メイ自ら最新のデジタル・リマスタリン(700 台のマックG5でフィルム上のホコリやキズを処理)技術を用いてデジタル化し、"クイーン最高の映像"と語っている。
今回も、上映全劇場でスタンディングOK!の鑑賞スタイルで実施される予定。(現在、全国21 館にて公開予定)

【後援】ウドー音楽事務所
【協力】ユニバーサル ミュージック合同会社/株式会社ヤマハミュージックアンドビジュアルズ
【配給】クラスアクト/ティ・ジョイ (C)2007 Eagle Rock Entertainment, All rights reserved
2007 年制作デジタル・リマスタリング版/95 分 ★公式サイトwww.freddie20years.net

11 月19 日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7他にて全国公開!

2011年10月30日日曜日

『ワイルド・スピード MEGA MAX』 観客動員数100万人突破!!

『ワイルド・スピード MEGA MAX』が観客動員数100万人を突破し、累計興行収入も13億円を突破した(10月24日時点。観客動員数:101万6863人/累計興行収入:13億863万4400円)。
「カーアクション映画」から「アクション超大作」へと大進化を遂げ、シリーズ未見の観客や若い女性客なども劇場に足を運んだ本作。作品評価の高さから新たなファン層が着実に広がっており、新記録樹立に向けまだまだ快進撃は続く。

■原題: FAST FIVE
■公開:日本/2011年10月1日(先行9月23、24、25日)
■監督:ジャスティン・リン『ワイルド・スピードx3 TOKYO DRIFT』、『ワイルド・スピード MAX』
■脚本:クリス・モーガン『ワイルド・スピード MAX』、『ウォンテッド』
■出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ガル・ギャドット、タイリース・ギブソン、サン・カン、リュダクリス、ドウェイン・ジョンソン(akaザ・ロック)

■公式HP:mega-max.jp  



2011年10月29日土曜日

12/17(土)名古屋先行ロードショー決定!!「劇場版 笑ってさよなら~四畳半下請工場の日々~」

CBC制作のドキュメンタリー「笑ってさよなら~四畳半下請工場の日々~」が、未公開映像を加えた劇場版として、12月17日(土)より東海地区での先行公開が決定しました。

・あらすじ・
名古屋市南区で小さな「工場」を営む、小早川弘江さん56歳(当時)。わずか四畳半ほどのスペースで手掛けているのは自動車部品の接着作業。ここはトヨタ自動車の下請けの下請けの下請けのそのまた下請け...4次下請けの町工場。手掛けた部品がどこに使われているかは知りません。在庫とムダを省く「かんばん方式」の中、"上の会社"から仕事が届くのはいつも前日の夕方。多いのか少ないのか、あるいは全く無いのか、その時までわかりません。それでも工場には「笑い」が絶えません。今、エコカーブームで工場は大忙し。トヨタショックでは半年間、仕事が全くありませんでしたが、今度は仕事に追い立てられる日々。そんな中、小早川さんは決意を固めます。「笑ってさよなら」しようね、と。


・真剣に生きていくことの美しさ、尊さを伝えます・
2008年秋、アメリカのリーマンショックがきっかけで始まった円高は、日本を牽引する自動車の輸出も直撃。瞬く間にトヨタ自動車の利益が一兆円吹き飛び、新聞の見出しには「トヨタショック」という言葉が並ぶことに。「仕事が無い!」。工場を回ると見えてくるのは厳しい現実。多くの経営者が、痛みに耐えていました。平日夕方に放送しているニュース番組『イッポウ』で、そうした地元の町工場の様子を伝えてきました。名古屋市でトヨタ自動車の部品接着工場を営む主人公の女性と、その4次下請け工場が廃業に至るまでの半年を追った密着取材で、ひたむきに生きることの尊さを描きます。
 本作は静かに反響を呼び、日本屈指の番組コンクール「地方の時代映像祭2010」でグランプリを受賞。そして2011年6月、世界四大映像祭の一つでもある国際番組コンクール「モンテカルロ・テレビジョン・フェスティバル」のニュースドキュメンタリー部門で、ゴールデンニンフ賞(最優秀賞)を受賞。日本の民間放送局がこの部門で最優秀賞を受賞するのは初めてのことでした。
"小さな、小さな"番組が"世界一"になったことに背中を押され、CBCでは初めての番組劇場公開を行うことになりました。劇場版では未公開シーンも加えて再構成した作品をご覧いただきます。

【作品情報】
■プロデューサー:大園康志/ ディレクター 西田征弘
■製作著作:CBC
■ナレーション:平泉成
■2011年モンテカルロ・テレビジョン・フェスティバル ニュースドキュメンタリー部門最優秀作品賞「ゴールデンニンフ賞」受賞
2010年「地方の時代」映像祭グランプリ受賞
■配給:中部日本放送㈱、スターキャット・ケーブルネットワーク㈱
■2011年/日本/カラー/HD/60分  ©2011CBC
【文部科学省選定】 社会教育 「青年向き」・「成人向き」

http://waratte-sayonara.jp


2011年12月17日(土)より<名古屋先行上映!> 伏見ミリオン座にて公開決定!
2012年 1月 21日(土)より
<愛知>安城コロナシネマワールド、豊川コロナシネマワールド、小牧コロナシネマワールド、半田コロナシネマワールド<岐阜>大垣コロナシネマワールド<石川>金沢コロナシネマワールド にて公開決定!
以降順次、全国公開へ

2011年10月28日金曜日

「BON JOVI ザ・サークル・ツアー ライブ・フロム・ニュージャージー」上映決定

「BON JOVI ザ・サークル・ツアー ライブ・フロム・ニュージャージー」上映決定!

世界が熱狂したBON JOVI最新のワールドツアーが映画館に上陸!

1984年の全米デビューから27年。80年代、90年代、そして2000年代と立て続けにビッグセールスを打ち立て、ハードなサウンドの中に散りばめられたメロディアスな音楽性でロックファンのみならずポップス・ファンからも絶大な人気を集め続けているBON JOVI。そんな彼らの最新ライブ映像が全国の映画館にて2011年11月5日(土)より上映することが決定。

2010年に実施されたワールドツア「The Circle Tour」から、5月に行われた彼らのホームタウンであるニュージャージーでのステージ。会場となったのは、82,500人収容可能という"ニュー・メドウランド・スタジアム"。

オリジナル・アルバム『THE CIRCLE』のタイトルを冠した今回のツアーではあるが、数多くのメガヒットを持つ彼らならではのヒット曲のオンパレードに、誰もが耳を引き付けられるのは確実。「禁じられた愛(YOU GIVE LOVE A BAD NAME)」をはじめ、「IT'SMY LIFE」「LIVIN' ON A PRAYER」「LOST HIGHWAY」「KEEP THE FAIH」などが演奏される。

日本でもアルバム「THE CIRCLE」がオリコン1位を獲得し、2010年末の東京ドームでの日本公演も大成功を収めるなど、今もなお変わらない高い人気を誇る彼らの最高のステージを映画館にて大迫力で存分に楽しめる作品。

■上映劇場
ワーナーマイカル・シネマズ釧路(北海道)/ ワーナー・マイカル・シネマズ名取エアリ(宮城)/ワーナー・マイカル・シネマズ福島(福島)/アイシティシネマ(長野)/ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園/ワーナー・マイカル・シネマズ守谷/プレビ劇場ISESAKI(群馬)/新宿バルト9 , ワーナー・マイカル・シネマズ板橋(東京)/横浜ブルク13 , ワーナー・マイカル・シネマズ茅ヶ崎(神奈川)/梅田ブルク7(大阪)/T・ジョイ京都(京都)/広島バルト11(広島)/T・ジョイ博多, ワーナー・マイカル・シネマズ大野城(福岡) 計16館
※上映劇場は増える可能性が御座います。

■チケット
一律:¥2,000(税込)
※各種割引は対象外となります。
※前売り券の販売は詳細決定後、HPにて御案内いたします。

公式HP:http://www.wowow.co.jp/music/bonjovi/
("ファン待望のデジタル上映"をクリック)

2011年10月27日木曜日

『メランコリア』

ブロードメディア・スタジオ配給 第64回カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞作 『メランコリア』 初日決定! TOHOシネマズ 渋谷、TOHOシネマズ みゆき座ほか 2012年2月17日(金)より、全国公開 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』  第53回カンヌ国際映画祭パルムドール<最高賞>受賞 ラース・フォン・トリアー監督最新作 ラース・フォン・トリアー監督最新作『メランコリア』の初日が、2012年2月17日(金)に決定いたしました。 主人公ジャスティンに本作で第64回カンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得した『マリーアントワネット』『スパイダーマン』シリーズのキルスティン・ダンスト。ジャスティンの姉・クレアには、ラース・フォン・トリアー監督『アンチクライスト』で第62回カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞のシャルロット・ゲンズブール。 他に「24 -TWENTY FOUR-」のキーファー・サザーランド、シャーロット・ランプリング、ジョン・ハートなど、世界各国の名立たる俳優陣が出演しております。 ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」をバックに映し出される異様なまでに美しく荘厳な地球の最期。そこで試される静謐なる魂の救済、深淵なる孤独と絶望。それらを圧倒的な映像美で描き切り、観る者の奥底にある暗部を抉り、感情を揺さぶり、そして心を鷲掴みするトリアー監督渾身の人間ドラマです。 姉クレアと、その夫ジョンの豪華な邸宅で盛大な結婚パーティーを行うジャスティン。伴侶となるマイケルと共に皆に祝福されて幸せなはずのジャスティンは、ある種の空しさに駆られていた。そして、巨大な惑星メランコリアが地球に向けて近づいていることを知り、焦燥や絶望ではなく、何故か、心が軽くなっていく感覚を覚える。だがそれは同時に、メランコリアが世界の終わりをもたらすことをも意味していた─。 2012年2月17日(金)、TOHOシネマズ 渋谷、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー。 監督:ラース・フォン・トリアー 出演:キルスティン・ダンスト/シャルロット・ゲンズブール/アレクサンダー・スカースガード/キーファー・サザーランド 2011年/デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ合作/原題:MELANCHOLIA/135分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/字幕翻訳:松浦美奈/配給:ブロードメディア・スタジオ ©2011 Zentropa Entertainments ApS27

2011年10月26日水曜日

映画「東京オアシス」初日舞台挨拶

【実施概要】 ●日時:10月22日(土)11:35~ ●場所:新宿ピカデリー ●登壇者:小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世、松本佳奈監督、中村佳代監督 MC:今日はようこそお越しくださいました。それでは、まずは皆様よりお一言ずつ、ご挨拶をお願いいたします。 小林さん:今日はお足下が悪い中、来て頂いてありがとうございます。(鑑賞後なので)映画がどうだったの か気になりますが(笑)、ひとまずどうもありがとうございます。 加瀬さん:初日からたくさんの方に来て頂いてどうもありがとうございます。8月に映画が完成して、大急ぎで宣伝をしてきたので、初日が不安だったのですが安心しました。改めてどうもありがとうございます。 黒木さん:おはようございます。雨の中、来て頂いてどうもありがとうございます。 原田さん:今日はたくさんの方にいらして頂いてどうもありがとうございます。このプロジェクトに参加させて頂いて、良い経験ができました。ぜひ周りの方にもこの映画を伝えて頂ければ嬉しく思います。 中村監督:初めまして。このプロジェクトに初めて参加して、トウコとナガノのパートを監督させて頂きました。 松本監督:中村監督が担当したパート以外のお話の監督を務めました。たくさんの人に来て頂いて感激しています。どうもありがとうございます。 Q:みなさん、映画をご覧になった直後ですので、細かく伺っていきたいと 思います。加瀬さん、小林さん、エアバレーボールのシーンは大変そうでしたけど 実際の撮影はいかがでしたか。 小林さん:さらっと終わりましたね。1日割いて特訓をしたこともあり。加瀬くんはすごい真剣に練習して いましたね。 加瀬さん:だけど、回転レシーブの練習する必要なかったですね(苦笑) 小林さん:今と背が変わらない小学生のころは、エースアタッカーとして活躍してました。"小さな巨人"というか、そのときは普通に巨人でした(笑)加瀬くんは、私が(現場に)行った時にはもう、回転レシーブをマスターしてましたね。久々に見ましたね、回転レシーブ。"東洋の魔女"以来ですね。(笑) 加瀬さん:全然意味がわからないですね(笑) 小林さん:だけど今回、ヒールがない練習の時は結構イケると思っていたんですが、(本番では)監督からの指示もあって、ヒールを履いて(バレーの)アタックをしなければならなかったので、思っていたより全然跳べなかったです(苦笑)。 Q:それをうけて、中村監督、お二人ともこんなことをおっしゃっていますけど。 中村監督:こだわりのシーンでした。このプロジェクトの作品で唯一のアクションシーンじゃないかと(笑)。 エアバレーのシーンですが、私は10分遅刻をして現場に入ったのですが加瀬さんは既に回転レシーブができていたし、小林さんもAクイックもBクイックもできていましたね。 Q:原田さん、普段は営業されている映画館を借りての撮影だったときいています。撮影は何時からスタートしたのでしょうか。小林さんとのながい掛け合いセリフがずっとつづいて、大変だったのではないでしょうか 原田さん:映画館の営業が終わった後、お借りして撮影をしていました。大体21時頃に映画館に入ってセッティングして、撮影という形でしたね。撮影を終えるころには朝になっていました。 Q:みなさん、最後まで、ツチブタがでてきませんでしたね。気になっているのではないでしょうか。黒木さんは実際にツチブタは、ご覧になったことありますか。 黒木さん:映画の撮影が終わった後に調べてみたんです。実物を観に行きたいなとは思っています。どこにいるんだろう・・姫路に行かないといけないかな。 Q:監督、あえてなぜ、ツチブタだったのでしょうか? 松本監督:ツチブタは上野動物園にいますよ! ツチブタはその場所にいるのにほとんどいないような、不思議な存在感を持った不思議でミステリアスな動物なんです。みかけも捉えどころがない、なんともいえない感じなんですよ。寝てばかりで、檻から全然出てこないし。そういうところもいいかなと思って。 Q:まだまだ、お話を伺いたいところですが、お時間がきてしまいました。 では、最後に、小林さん、代表してご挨拶をお願い致します。 小林さん:今日は雨も降っていて、街もオアシスっぽくなっているのではないでしょうか。今日ご覧頂いて面白いなって思った方は、大体1ヶ月くらいは上映をしているのでまた観に来てください。そして友人の方にも薦めてくれたら嬉しいです。 以上。 【作品概要】 『かもめ食堂』『めがね』『プール』『マザーウォーター』と、人と場所との関係をシンプルに見つめてきたプロジェクトが次に選んだ舞台は、私たちが日々の暮しを営む街、東京と、そこに生きる自身の姿。小さな出会いから生まれる、ふとしたふれ合いをめぐるこの物語は、二人の監督、三人の脚本家によるアンソロジー。 出演は小林聡美、加瀬亮、そしてプロジェクト初参加の原田知世、映画初出演の黒木華。小林聡美と原田知世の初共演に注目が集まる。 監督は、『マザーウォーター』の松本佳奈と、これまでCMやプロモーションビデオで活躍してきた中村佳代。そして、『めがね』『マザーウォーター』で主題歌を手掛けた大貫妙子が、本作では主題歌と劇中音楽を担当。 【クレジット】 出演:小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世 監督・脚本:松本佳奈『マザーウォーター』、中村佳代 脚本:白木朋子『マザーウォーター』、音楽:大貫妙子、フードスタイリスト:飯島奈美 製作:オアシス計画 (バップ、シャシャ・コーポレイション、パラダイス・カフェ、スールキートス) 配給・宣伝:スールキートス、宣伝協力:アルシネテラン 2011年/日本/カラー/アメリカンビスタ/(C)2011オアシス計画 www.tokyo-oasis-movie.com 10/22(土)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次公開

2011年10月25日火曜日

「ラリーニッポン2011」の優勝トロフィーに ティファニーのトロフィーが決定

「ラリーニッポン2011」の優勝トロフィーに ティファニーのトロフィーが決定  東京から京都間に点在する世界遺産や文化遺産を技術遺産であるクラシックカーで巡るラリーであり、日本の歴史・文化を再発見・再認識し、日本の誇りと自信を取り戻す、日本を元気にするプロジェクトでもある「RALLY NIPPON(ラリーニッポン)」。  単なるカーイベントという意味合いだけでなく、日本の美しさを世界に発信する文化イベントとしても位置づけられるこのクラシックカー・ラリーの優勝トロフィーとして、今年2011年からティファニー製のトロフィーが使われます。
靖国神社の「ラリーニッポン2011」スタート地点に展示されたティファニー製優勝トロフィー [いずれもPhoto Credit:©Adam Pretty / Getty Images for Tiffany & Co.]  「ラリーニッポン」優勝トロフィーとして使用されるトロフィーは高さが約40センチで、ピューター製の本体部分に木台を設置しています。ピューター製カップの左右部分に滑らかな曲線が美しいハンドルが連なるデザインで、カップ部分には「RALLY NIPPON(ラリーニッポン)」のロゴがエングレービング(彫刻)され、ラリー終了後には木台部分に優勝者の名前が刻まれます。また上位入賞者には、クリスタルを素材に使用したティファニー製の記念品が贈られます。  ティファニー・アンド・カンパニーは、19世紀半ばから今日に至るまで、世界的なスポーツイベントのトロフィーを数多く製作しています。  モータースポーツに関連するトロフィーも多く、代表的なものとしてはアメリカで最大のモータースポーツ統括団体である全米自動車競争協会(National Association for Stock Car Auto Racing、略称NASCAR)が主催するネクステル カップ シリーズ(NEXTEL Cup Series)の優勝トロフィーなどがあります。  その他のスポーツのトロフィーとしては、野球のワールドシリーズの優勝トロフィーとMVPトロフィー、NBAのラリー・オブライエン・トロフィー、NFLのヴィンス・ロンバルディ・トロフィー、テニスの全米オープンの優勝トロフィーなども製作。日本では、プロ野球界セントラル・リーグのチャンピオンチームに贈られる優勝トロフィーなどを手がけています。

2011年10月24日月曜日

映画「私たちの時代」《名古屋》公開決定!!

9月3日(土)より北陸で先行上映され、多くの絶賛コメントが寄せられた珠玉の長編青春ドキュメンタリー作品「私たちの時代」が、 11月19日(土)から新宿武蔵野館のモーニングロードショー決定に引き続き、 12月24日(土)より、伏見ミリオン座(名古屋)にてロードショーが決定しました。 【ストーリー】 日本海に面した石川県、奥能登。半島の先端に位置する小さな町、門前町。過疎の進む寂れた町に、たった1校だけある県立高校、石川県立門前高等学校。 カメラが映し出すのは、この小さな町の高校の「女子ソフトボール部」。 撮影中の2007年3月25日、「能登半島地震」がこの小さな町を直撃した。押し潰された家々、言葉を失った人々...。町が、声をあげて泣いた。その落胆と絶望の中を、胸を張って駆け抜けていく少女たちがいた。門前高校「女子ソフトボール部」の若者たち。被災してからわずか2週間後、まだ傷跡が深く残るグラウンドに、彼女たちは立った。悲嘆にくれる町に突然響き渡った女子高生たちの明るい掛け声。そこには「明日への希望」が映し出されていた。それが、この町の、再生と復興の物語の始まりだった。 【希望の匂い。未来へ向かう、ちから】 3.11以降、私たちの混迷は深まり、未来が見えません。日本という国がいま、これまで誰も経験したことのない未体験ゾーンの中に足を踏み入れていることを多くの人たちが感じています。しかし今も、この国には、ひたむきに生きている若者がいて、それを懸命に支えようとしている大人たちがいます。どん底から強制的に再スタートを切らなければならないニッポン。希望はゼロ、に見えるいま、「希望の匂い」を嗅ぎつける力が、今を生きる【私たちの時代】に求められているような気がしてならないのです。「手遅れかもしれない」、「でも、どうにかしたい」の狭間で揺れながら、そして何度も自問自答しながら、それでも自分の足で、この時代を歩いていく。あきらめないことの大切さと、それを担う若者たちの覚悟に気づかされる、3年間の物語です。 【作品情報】 プロデューサー: 横山隆晴/ディレクター: 今村亮/撮影:近堂清司 音響効果:田中政文、渡辺真衣/EED: 福谷裕二/MA: 濱田 豊 技術協力: TSP 制作著作: フジテレビ・石川テレビ 2010 / HD / 日本 / カラー / 110分 配給:スターキャット・エンタープライズ / ピクチャーズデプト ©2010 フジテレビ・石川テレビ www.akiramenai.org 11/19 (土) 新宿武蔵野館にてモーニングロードショー決定! 12/24(土) 伏見ミリオン座(名古屋)にてロードショー決定!(劇場HPhttp://www.eigaya.com)

2011年10月23日日曜日

『マネーボール』

『ソーシャル・ネットワーク』の製作陣がメジャーリーグを舞台に贈る終わりなき挑戦の軌跡! 貧乏で弱小チームを独自の"理論"で変えたGMの生きざまをブラッド・ピットが熱演! 選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは 、ある時、イェール大経済学部卒のピーターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出す。 そして、周囲の反対を押し切って、後に「マネーボール理論」と呼ばれる戦略を実践していくことに...。 『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンによる脚本。 監督は『カポーティ』でアカデミー賞にノミネートされたベネット・ミラー。主演のビリー役にはブラッド・ピット。 古い常識を打ち破り、自分の信念を貫く男の強さと、チーム低迷に焦る男の孤独な闘い・心情を見事に演じ、 早くもアカデミー賞主演男優賞候補とも言われる名演技を見せた。共演に、コメディ俳優ジョナ・ヒルがビリーの相棒ピーターを演じ、 チームの監督にアカデミー賞俳優フィリップ・シーモア・ホフマン、ビリーの元妻には『フォレスト・ガンプ』のロビン・ライトという豪華スターが共演。 本作の原作は日本では累計10万部を突破!独自の球団経営理論が広く一般組織のマネジメントにも応用できるということで人気を博している。 マネーボール理論とは? データ統計を活用し、打率や本塁打の数値より出塁率や長打率の高さを重視する能力分析を軸とした球団運営論。 アスレチックスはこれにより、年棒が安く、出塁率や長打率が高い選手を集めてチームを編成し、 2000年から2003年にかけて4年連続でアスレチックスをプレーオフ進出に導いた。 出演: ブラッド・ピット/ジョナ・ヒル/フィリップ・シーモア・ホフマン(『M:I III』、『カポーティ』)/ロビン・ライト(『フォレスト・ガンプ/一期一会』) 脚本: アーロン・ソーキン(『ソーシャル・ネットワーク』)&スティーブン・ザイリアン(『シンドラーのリスト』)   監督: ベネット・ミラー(『カポーティ』)  全米公開予定:9月23日  原題:Moneyball   原作: 「マネー・ボール」(武田ランダムハウスジャパン)  著者マイケル・ルイス(「ザ・ブランド・サイド」<映画『しあわせの隠れ場所』原作>)

2011年10月22日土曜日

【速報】『東京オアシス』完成披露試写会レポー

『かもめ食堂』『めがね』『プール』『マザーウォーター』のプロジェクトチーム最新作『東京オアシス』が、10月22日(土)よりいよいよ公開されます。映画公開に先立ち、主演の小林聡美さんをはじめ、加瀬亮さん、黒木華さん、原田知世さんによる舞台挨拶付き完成披露試写会を本日実施いたしました。 【実施概要】 ●日時:10月17日(月)18:30開演 ●場所:スペースFS汐留ホール ●登壇者:小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世 Q:みなさんの役どころ、どんな人を演じたのかをそれぞれ教えてください。  小林:トウコという女優の女性を演じました。いままでのさわやかな役とは違って(笑)、これまで続けてきた仕事や人生に思い悩んで、立ち止まってしまった人、そんな役柄です。物語が進むにつれて彼女がどう変化していくのか、というところを見ていただければと思います。 加瀬:ナガノというレタスを運ぶ男を演じました。このナガノという男は、これまで一人でがんばって世の中を渡ってきたけれど、気付いたらいろいろなことがつまらなくなっていて、美味しいものの味も分からなくなっている、そんなときにトウコと出会うところから物語が始まります。 原田:私が演じたのはキクチという女性で、もともと脚本家で順調な人生のはずだったのですが、自分の中で疑問が生まれてふと立ち止まってしまって、いまは映画館で働いているという役柄です。昔トウコさんとは、女優と脚本家という関係で一緒にお仕事をしていて、いま自分が働いている映画館でトウコさんと偶然にも再会を果たします。 黒木:美大に5浪している女の子の役を演じました。面接を受けに行った動物園でトウコさんと出会います。 Q:スクリーンの中では、みなさんが一緒になるシーンは実はないんですよね。 それぞれ個別に小林さんと一緒のシーンを撮影されましたが、小林さんの印象はいかがでしたか? 今回はじめて共演した黒木:とても素敵な方でした。映画に出演するのは今回がはじめてで、分からないことがあったり、緊張してしまったときに、小林さんにいつも話かけていただきました。そのおかげで、撮影現場では安心して落ち着いて演じることができました。 一番共演の回数が多い加瀬:今回で4回目の共演をやらせていただきまして、どんなときでも前を向く人なんだとよく分かりました。撮影が深夜に及ぶこともあったのですが、いつもと変わらず前向きで明るい姿勢で取り組んでいらして、あらためてすごい先輩だなと思いました。 初共演となった原田:今回がはじめてとは思えなかったです。私たちのシーンでは、台本9ページを1カットで撮影したのですが、聡美さんはとても自然体な方なので、変に緊張しないで、大変なシーンを一緒に乗り越えることができました。撮影自体は短い時間でしたが、すごく濃密な時間を過ごせた気がします。 Q:では、小林さん、原田さんと黒木さんは今回はじめての共演となりましたがそれぞれの印象は? 小林:黒木さんの舞台は何本か拝見していて、力強いお芝居をなさる女優さんだなと思っていました。柔軟性があって、素敵な女優さんだと思います。 原田さんとは今回やっと共演できてうれしかったです。同じ頃にお互いデビューしていると思うのですが、その頃の印象とかわらず、透明感のある、小鳥のように可憐な大人のひとです。 加瀬さんとは今回で4回目ですが、夫婦漫才ができそうかなって思いました。 Q:今回の舞台は、'東京'。現在、みなさんが住んでいらして、一番身近な場所が舞台となりました。スクリーンに映った今回の'東京'はいかがでしたか? 加瀬:自分が東京に移り住んで13年くらいになりますが、撮影中の車の中からの景色を見ながら、自分がこの街で暮らしてきた時間をあらためて思い出しました。 黒木:この12月で東京での暮らしがやっと1年になります。映画の中に出てくる場所が、東京に住んでいる皆さんにとってはお馴染みの場所でも、私には新鮮で、行きたいなと思える場所もたくさんありました。自分の地元と似てるなと思える場所もあって、見ていてすごく面白かったです。 原田:東京はいろいろな表情を持つ街だと思います。私の出演シーンを撮影した映画館は、偶然にも私が高校時代に通っていた通学路にあり、自分にとってはすごく身近な場所で、撮影中も感慨深かったです。 小林:東京は私が生まれ育った街で、これまであらためて考えたり、見つめたりしてこなかったことに、この映画に関ることによって気付かされました。それからは、私が住んでいる街はここなんだと実感しながら過ごす時間が多くなりました。 本日は、どうもありがとうございました。 【作品概要】 『かもめ食堂』『めがね』『プール』『マザーウォーター』と、人と場所との関係をシンプルに見つめてきたプロジェクトが次に選んだ舞台は、私たちが日々の暮しを営む街、東京と、そこに生きる自身の姿。小さな出会いから生まれる、ふとしたふれ合いをめぐるこの物語は、二人の監督、三人の脚本家によるアンソロジー。 出演は小林聡美、加瀬亮、そしてプロジェクト初参加の原田知世、映画初出演の黒木華。小林聡美と原田知世の初共演に注目が集まる。 監督は、『マザーウォーター』の松本佳奈と、これまでCMやプロモーションビデオで活躍してきた中村佳代。そして、『めがね』『マザーウォーター』で主題歌を手掛けた大貫妙子が、本作では主題歌と劇中音楽を担当。 【クレジット】 出演:小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世 監督・脚本:松本佳奈『マザーウォーター』、中村佳代 脚本:白木朋子『マザーウォーター』、音楽:大貫妙子、フードスタイリスト:飯島奈美 製作:オアシス計画 (バップ、シャシャ・コーポレイション、パラダイス・カフェ、スールキートス) 配給・宣伝:スールキートス、宣伝協力:アルシネテラン 2011年/日本/カラー/アメリカンビスタ/(C)2011オアシス計画 www.tokyo-oasis-movie.comttp://www.tokyo-oasis-movie.com/

2011年10月21日金曜日

SKIPシティDシネマプロジェクト第2弾作品 小橋賢児監督作品『DON'T STOP!』に決定!

若手映像クリエイター育成のための支援事業として、2011年よりスタートしたSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザが推進する「SKIPシティDシネマプロジェクト」の第2弾上映作品に小橋賢児監督作品『DON'T STOP!』が選ばれました。16日に閉幕した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011」のクロージング・セレモニーにて発表されました。 ■SKIPシティ Dシネマプロジェクトとは... デジタル映像産業における優秀な人材の育成・輩出を目的をはじめ、さまざまな事業を行うSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザが推進する、若手映像クリエイター育成のための上映支援事業です。「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」長編部門にエントリーもしくはノミネートされた良質な作品を一般劇場で公開し、より多くの方々にご鑑賞いただくことにより、若手映像クリエイターがビジネスチャンスを広げていくことを目的としています。なお、第一弾作品『未来の記憶』(監督:岸建太朗)は、国内5か所での劇場公開後、本プロジェクトを契機に、本年11月に開催される米国・デンバー国際映画祭に正式招待、イタリア・トリノ国際映画祭への正式出品が決定するなど、目覚ましい活躍をしております。 ------------------------------------- SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

2011年10月20日木曜日

「伝人ザボーガー」10/15(土)初日舞台挨拶

映画「電人ザボーガー」の初日舞台挨拶が行われました。 映画は青年期・熟年期の2部構成となっており、青年期で22歳だった主人公大門の25年後が熟年期で描かれます。今回はそれぞれの部で大門豊を演じた2人が劇中衣装で登場!さらには、サイボーグを演じた佐津川愛美、電人ザボーガーも駆けつけました! 【日程】 10月15日(土)   【場所】 新宿バルト9   【登壇者】 井口昇監督(42)、板尾創路(48)、古原靖久(25)、佐津川愛美(23)、電人ザボーガー(ロボット) ●井口監督 2年半程前に、大月プロデューサーから映画化の話を持ち出された時には、「あのザボーガーをどうやって映画に?」と思っていました。撮影中には泣きたくなるようなこともありました。今日はこんなにたくさんの人に観に来てもらえて、嬉しいほうの涙が出そうです。正直どれだけのお客さんが来るのかとドキドキしておりましたが、ドアを開けた瞬間に、「あぁ!!」と心臓が捕まえられる感じでした。客席にヘルメットをかぶって、大門の格好をしているお客様がいるのが本当に嬉しいです。日本中に大門豊を増やしたいです。そんな気持ちでいっぱいです。 (テキサスで開催されたファンタスティック系映画祭「ファンタスティック・フェスト」での監督賞受賞について。) 外国の方はお目が高いというか(笑)日本ではこういう映画が賞を取ることはないと思うので。素晴らしいなと思いました。海外で上映すると外国の方はザボーガーが活躍するところを観ながら、「ザボーガー!」って呼んだりするんですよ。今日ご覧になる皆様もザボーガーがピンチの時に、「ザボーガー!」と声をかけてみてください。 37年前のリメイクですが今の方に観てもらいたいと思ってます。主人公が一度挫折して、もう一度立ち上がるというストーリーです。今年、日本はいろいろな事が起こりましたが、この作品を観て、元気を取り戻して、みんなでもう一度頑張っていこうよという気持ちになって頂けたら幸いです。 ●板尾創路 こんなに加齢臭のする映画館は初めてでびっくりしてます(笑) 今日、タクシーで「今日はザボーガーですか?」って言われて。思わず招待券をあげてしまいました。ひょっとしたら来るんじゃないかと思ってます。37年ぶりにザボーガーが復活するということで、すごく中途半端だなと思ってます(笑)ですが、それがザボーガーらしいなという感じがします。 撮影しながらどんどんテンションがあがってしまって、ついには事務所に内緒でバイクスタントまでやってしまいました。不思議な感覚で、お弁当に何か入れられたんじゃないかという気もしてるんですけど、自分でも理解できないぐらい熱くなっていました。みんな熱くて、真面目で、ザボーガーが好きなんだなという気持ちが伝わってくる現場でした。    (ご自身の20代の頃と古原さんとの共通点を聞かれて。)世間知らずなとこで、何も分かってないところが似ているなと思いますね(笑) 純粋なんですね。すごく熱くて迷惑なところもあるんですけど、一生懸命で可愛いいんですよ。親御さんの教育がよかったんでしょうね。    昔の特撮ものはよくリメイクされてますが、全部失敗していると思ってます。でもザボーガーは成功していると思います。出演できて感激です。 ●古原靖久 撮影から1年半程経つのですが、いよいよ来たかという感じで感無量です。 僕が免許を持っていないばかりに撮影が少し延びたりしました。初めて乗ったバイクがザボーガーということで、なかなかない経験をさせてもらいました。 昔、人気を博したヒーローだったということで、僕の父の世代の方に、「お前、大門やるの!?」ってすごく熱い視線と、俺もやりたかったみたいな気持ちをひしひしとぶつけられました。それだけ熱い気持ちに応えなければという気持ちで今回挑みました。 ●佐津川愛美 ジーパンにブーツインで勝手に大門スタイルで気合いを入れてきました。気づいてもらえませんでしたが(笑) 今まで映画を何本もやらせて頂いてますが、「ザボーガーいつ公開?」とか、「ザボーガー観に行くよ」とか、これほど周りに言われることが多い作品はありませんでした。こんなに期待されているんだなと、ひしひしと感じております。 こんな現場あるんだって最初思ったぐらい、スタッフのみんなが楽しんでました。カットがかかるとみんな笑っているっていうことが多かったです。仕事という感じがしなかったです。みんな楽しんで作品を作っていました。現場から愛が溢れているなと感じました。衣装合わせの時に、メタルセーラー服を見て衝撃を受けました。 「電人ザボーガー」絶賛公開中! 監督:井口昇監督  出演:板尾創路、古原靖久、山崎真実、宮下雄也(RUN&GUN)、佐津川愛美、木下ほうか、渡辺裕之、竹中直人、柄本明 企画・原作:ピープロダクション/製作:2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ 2011年/日本/上映時間:日本版114分/海外版101分 配給:キングレコード/ティ・ジョイ 配給協力・宣伝:日活

2011年10月19日水曜日

【速報】『東京オアシス』完成披露試写会レポート&画像UP

『かもめ食堂』『めがね』『プール』『マザーウォーター』のプロジェクトチーム最新作『東京オアシス』が、10月22日(土)よりいよいよ公開されます。映画公開に先立ち、主演の小林聡美さんをはじめ、加瀬亮さん、黒木華さん、原田知世さんによる舞台挨拶付き完成披露試写会を本日実施いたしました。 【実施概要】 ●日時:10月17日(月)18:30開演 ●場所:スペースFS汐留ホール ●登壇者:小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世 Q:みなさんの役どころ、どんな人を演じたのかをそれぞれ教えてください。  小林:トウコという女優の女性を演じました。いままでのさわやかな役とは違って(笑)、これまで続けてきた仕事や人生に思い悩んで、立ち止まってしまった人、そんな役柄です。物語が進むにつれて彼女がどう変化していくのか、というところを見ていただければと思います。 加瀬:ナガノというレタスを運ぶ男を演じました。このナガノという男は、これまで一人でがんばって世の中を渡ってきたけれど、気付いたらいろいろなことがつまらなくなっていて、美味しいものの味も分からなくなっている、そんなときにトウコと出会うところから物語が始まります。 原田:私が演じたのはキクチという女性で、もともと脚本家で順調な人生のはずだったのですが、自分の中で疑問が生まれてふと立ち止まってしまって、いまは映画館で働いているという役柄です。昔トウコさんとは、女優と脚本家という関係で一緒にお仕事をしていて、いま自分が働いている映画館でトウコさんと偶然にも再会を果たします。 黒木:美大に5浪している女の子の役を演じました。面接を受けに行った動物園でトウコさんと出会います。 Q:スクリーンの中では、みなさんが一緒になるシーンは実はないんですよね。 それぞれ個別に小林さんと一緒のシーンを撮影されましたが、小林さんの印象はいかがでしたか? 今回はじめて共演した黒木:とても素敵な方でした。映画に出演するのは今回がはじめてで、分からないことがあったり、緊張してしまったときに、小林さんにいつも話かけていただきました。そのおかげで、撮影現場では安心して落ち着いて演じることができました。 一番共演の回数が多い加瀬:今回で4回目の共演をやらせていただきまして、どんなときでも前を向く人なんだとよく分かりました。撮影が深夜に及ぶこともあったのですが、いつもと変わらず前向きで明るい姿勢で取り組んでいらして、あらためてすごい先輩だなと思いました。 初共演となった原田:今回がはじめてとは思えなかったです。私たちのシーンでは、台本9ページを1カットで撮影したのですが、聡美さんはとても自然体な方なので、変に緊張しないで、大変なシーンを一緒に乗り越えることができました。撮影自体は短い時間でしたが、すごく濃密な時間を過ごせた気がします。 Q:では、小林さん、原田さんと黒木さんは今回はじめての共演となりましたがそれぞれの印象は? 小林:黒木さんの舞台は何本か拝見していて、力強いお芝居をなさる女優さんだなと思っていました。柔軟性があって、素敵な女優さんだと思います。 原田さんとは今回やっと共演できてうれしかったです。同じ頃にお互いデビューしていると思うのですが、その頃の印象とかわらず、透明感のある、小鳥のように可憐な大人のひとです。 加瀬さんとは今回で4回目ですが、夫婦漫才ができそうかなって思いました。 Q:今回の舞台は、'東京'。現在、みなさんが住んでいらして、一番身近な場所が舞台となりました。スクリーンに映った今回の'東京'はいかがでしたか? 加瀬:自分が東京に移り住んで13年くらいになりますが、撮影中の車の中からの景色を見ながら、自分がこの街で暮らしてきた時間をあらためて思い出しました。 黒木:この12月で東京での暮らしがやっと1年になります。映画の中に出てくる場所が、東京に住んでいる皆さんにとってはお馴染みの場所でも、私には新鮮で、行きたいなと思える場所もたくさんありました。自分の地元と似てるなと思える場所もあって、見ていてすごく面白かったです。 原田:東京はいろいろな表情を持つ街だと思います。私の出演シーンを撮影した映画館は、偶然にも私が高校時代に通っていた通学路にあり、自分にとってはすごく身近な場所で、撮影中も感慨深かったです。 小林:東京は私が生まれ育った街で、これまであらためて考えたり、見つめたりしてこなかったことに、この映画に関ることによって気付かされました。それからは、私が住んでいる街はここなんだと実感しながら過ごす時間が多くなりました。 本日は、どうもありがとうございました。 【作品概要】 『かもめ食堂』『めがね』『プール』『マザーウォーター』と、人と場所との関係をシンプルに見つめてきたプロジェクトが次に選んだ舞台は、私たちが日々の暮しを営む街、東京と、そこに生きる自身の姿。小さな出会いから生まれる、ふとしたふれ合いをめぐるこの物語は、二人の監督、三人の脚本家によるアンソロジー。 出演は小林聡美、加瀬亮、そしてプロジェクト初参加の原田知世、映画初出演の黒木華。小林聡美と原田知世の初共演に注目が集まる。 監督は、『マザーウォーター』の松本佳奈と、これまでCMやプロモーションビデオで活躍してきた中村佳代。そして、『めがね』『マザーウォーター』で主題歌を手掛けた大貫妙子が、本作では主題歌と劇中音楽を担当。 【クレジット】 出演:小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世 監督・脚本:松本佳奈『マザーウォーター』、中村佳代 脚本:白木朋子『マザーウォーター』、音楽:大貫妙子、フードスタイリスト:飯島奈美 製作:オアシス計画 (バップ、シャシャ・コーポレイション、パラダイス・カフェ、スールキートス) 配給・宣伝:スールキートス、宣伝協力:アルシネテラン 2011年/日本/カラー/アメリカンビスタ/(C)2011オアシス計画 www.tokyo-oasis-movie.com 10/22(土)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次公開